Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

塩分が不足すると、何故人間は生きていけない?

塩

体の約60%が水分であるというのは良く知られています。
が、水分といっても、真水ではなくて、しょっぱいです。
”体にとっては、体液のしょっぱさ(濃度)がある一定以上に保たれていることが、健康を維持するうえで非常に大切なことなのです”。

体内の塩分は、汗や尿などに混ざって少しずつ排出されるため、その分を少しずつ摂(と)らなくてはなりません。
体液の濃度が薄くなってしまうと、体の機能(きのう)が狂ってきてしまいます。

現代では、簡単にを手に入れることができるので問題はないのですが、昔は、内陸部では塩の入手が困難でした。
そのため、わざわざ「塩の道」という輸送ルートを作って、常に塩が確保できるよう、工夫を絶やさなかったのです。

塩分の不足に気をつけなければならないのは、人間ばかりではなく草食動物も同じです。
植物には、塩分が含まれていないからです。
草食動物は、常に塩を補給(ほきゅう)する必要があるのです。

一方、肉食動物は、塩を補給する必要がありません。
何故なら、エサとなる動物の内臓、生肉には塩分をたっぷり含んだ体液があるからです。

これは、人間の場合でも同じで、生肉を常食しているイヌイットなどは、わざわざ食塩を摂らなくても大丈夫なのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する