Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「盛り塩」は、皇帝をひきつけるための仕掛けだった?

盛り塩

料理屋などの店先には、「盛り塩」といって、塩がびっしりとピラミッドのように盛られていることが多いです。
塩には、お清めの意味があるので、この塩は魔よけか何かのおまじないだと思っている方も多いかも知れません。
しかしながら、この盛り塩、実は古代中国の女性たちが、皇帝の気を引こうとして考えたトリックのひとつだったのです。

当時の中国の皇帝は、何人もの側室(そくしつ)をかかえて、順番に夜の相手をするという優雅な日々を送っていました。
が、優雅なのは当の皇帝で、それぞれの屋敷で皇帝がやってくるのを待っている側室にとっては、つらい日々。
彼女たちは誰もが、皇帝の寵愛(ちょうあい)を独占しようと必死でした。

そんなある日、側室の1人が玄関に塩を盛ることを思いつきました。
というのは、皇帝はいつも、牛車(ぎっしや)に乗って、側室の屋敷に出向きます。
塩は、牛の大好物。
大好きな塩につられて、牛が自分の屋敷の前に来たところで立ち止まれば、その日はほかの側室の屋敷に行こうとしていた皇帝も、やむなく自分の家に来てくれるのではないかと考えたのです。

そして、この計画は見事成功。
この故事から、盛り土は”お客を呼び寄せるおまじない”になったというわけなのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する