Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

石焼きイモ屋のイモは、何故家庭で作るよりも甘い?

焼きイモ

秋が深まると、どこからともなく、「石焼きーいもー!」と聞こえる、懐かしい呼び声。
この声を聞くと、思わず食欲をそそられます。

さて、焼きイモは、家庭でつくることもできますが、やっぱり石焼きイモ屋の方がおいしいです。
電子レンジの蒸かしイモの味では、とうてい足元にも及びません。

でも、これは何故なのでしょうか?

サツマイモは、もともと甘くありません。
中にあるでんぷんが、酵素(こうそ)や熱の作用によってゆっくりと分解されていくうちに、糖がつくられて甘くなるのです。
そして、この分解反応は、温度が高いほど良く進みます。
が、これは比較的ゆっくりとした反応なので、一気に温めるよりも”周りからじわじわと温めた方が良い”のです。

また、長い時間、高温を保つ方が、甘さは強くなっていきます。

と、ここまで書けば、もうお分かりでしょう。
じっくりと、時間をかけて温める石焼イモ屋のイモは、サツマイモの性質を見事に生かした調理法なのです。

一方、家庭でつくる電子レンジを使った調理法では、サツマイモはあまり甘くなりません。
何故なら、電子レンジというのは、短時間で、食べ物の中心部から温める調理法だからです。
焼きイモが、甘くなる時間がないのです。

なので、家庭でつくる場合には、電子レンジではなく、蒸し器を使う方法がお勧めです。
そして、なるべく大きく切った方がおいしいようです。

ちなみに、サツマイモには、100gあたり30mgのビタミンCが含まれています。
これは、ほかの作物と比べてもかなり多い方です。
そして、調理しても、その90%は残るといいます。
風邪の予防にも、もってこいの食べ物なのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する