Super源さんの雑学事典

江戸時代は、数字を漢字の「正」ではなく「玉」で数えていた?

玉

江戸時代は、数字を「玉」という漢字で数えていました。

江戸時代は、数を数えるときなどに「玉」という漢字を用いていた


江戸時代は、数字を数えたり、統計をとったりするときなどに、「玉」という漢字を用いていました。
「玉」を使っていた理由としては、商人の使う算盤(そろばん)の「玉」に由来しているのではないかといわれています。
いわれてれば、なるほど!という漢字、もとい感じですね。(^^)

玉 玉つき

数を数える記号は、なんと、外国にも存在!


実は、このような数を数える記号は、なんと、外国にも存在します!
これらを、以下にご紹介します。

日本
120px-Tally_marks_3svg.png

欧米
(タリーマーク)
120px-Tally_marks.png

アルゼンチン、ブラジル
120px-Tally_marks_2.png

この、漢字や記号を使って数を数えるやり方は、特にスポーツの試合で得点を数えたり、進行中の結果を集計するときなどに、非常に便利です。
何故なら、このやり方は、単純に棒を1本ずつ書き足していくだけの計数法なので、中間結果を消したり、捨てたりする必要がないからです。

いずれにしても、各国に数を数えるための専用の記号が存在するということは興味深いですね。 ビックリ!

参考にしたサイト
一進法 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/一進法
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する