Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「ひみつのアッコちゃん」の変身のときの呪文「テクマクマヤコン」は、実は原作にはなかった?

ひみつのアッコちゃん
写真は、こちらからお借りしました。

赤塚不二夫の少女漫画、「ひみつのアッコちゃん」では、アッコちゃんが変身するときに「テクマクマヤコン」、元に戻るときに「ラミパスラミパス…」という呪文を唱えます。

が、この2つの呪文は、第1回のアニメ化の際に、新たに考えられたもので、実は原作にはありませんでした。

変身のときの2つの呪文は、実は原作にはなかった


ええと、ちょっと待ってください。
変身のときに使うこれらの呪文が、原作にはなかったというならば、漫画の中で、アッコちゃんはそれまで、変身するときには一体どのような言葉を唱えていたのでしょうか?

その答えは、”「ひみつのアッコちゃん」の連載が始まった当初は、アッコちゃんは、なりたいものを逆さ言葉にしてつぶやいていた”です。

たとえば、なりたいものが「看護師さん」であれば、「んさしごんかになーれ」、婦警さんであれば、「んさいけふになーれ」といった具合です。

アッコちゃん 最初は さかさ言葉で 変身

が、アニメの放送がスタートして、呪文が使われるようになって以降は、いわば逆輸入(ぎゃくゆにゅう)のような形で、漫画の中においても、「テクマクマヤコン」と「ラミパスラミパス…」が使われるようになったのです。

アッコちゃんの飼い猫の「シッポナ」の名前も原作にはなかった


ちなみに、アッコちゃんの飼い猫の「シッポナ」の名前も、原作にはなく、こちらもまたアニメ化の際に考えられたものです。
しかし、「シッポナ」なんて、一体どこから出てきた名前なのでしょうか?

猫のしっぽから?

いいえ、違います。
アッコちゃんが飼っている白いメスネコ「シッポナ」は、実はアッコちゃんが生まれる前からアッコ家に住んでいました。
そして、国際航路の船長であるアッコちゃんの父・健一郎は、もともとこのネコを[shipowner(シップオーナー、船主)]と呼んでいました。

勘のいい方なら、もうお分かりでしょう。
そうです。「シッポナ」という名前は、この「shipowner(シップオーナー)」を縮めて作られた言葉なのです。

参考にしたサイト
http://www.koredeiinoda.net/news/faq.html
よくある質問 | 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!
漫画・アニメ
関連記事

* Category : 漫画・アニメ

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する