Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ファックスは何故電話回線で送れる?-送受信の仕組みを図入りで解説

ファックス

今ではメールが主流となりましたが、ビジネスなどでファックスを使う機会もまだまだ多いはずです。
が、良く考えてみると、電話というのは音を送るものです。
一体どういう仕組みで、絵や図などを送ることができるのでしょうか?

その仕組みは、意外と簡単です。

電話機は、そもそも音を直接送っていない


そもそも、電話機は、電話回線を使って音を直接送っていません。いったん、電気信号に変えてから送っています。
そして、相手側の電話機で、この電気信号を、再び音に戻しています。

同じように、”ファックスもまた、絵や図をいったん電気信号に変えてから送っているのです”。

「ゲッ、 誰だよ白猫をFAXしてきたヤツは!(Oh, no! Who faxed me a white cat?」
間違ってFAXされてきた 猫
写真はこちらからお借りしました。

FAXでの送受信は、読み込んだ絵や図を電気信号に変えてから行なわれる


ファックスに原稿をセットして、送信ボタンを押すと、原稿が1枚ずつ、ゆっくりとファックスの中に入っていきます。
このとき、ファックスは、原稿の黒い部分や白い部分を読み取り、電気信号に変えているのです。

具体的には、原稿を水平な線で区切り、1本の線は1ミリ当たり8個の点に分解します。
そして、この点が白か黒かを電気信号に変えて(白は0、黒は1とする)、電話回線と電話局の交換機を通して、相手に送っているのです。

FAX送信の仕組み(イメージ)
イラストは、こちらからお借りしたものを加工修正しています。

受信側のファックスでは、受け取った電気信号を、この逆の操作をして絵に変え、記録紙に再現します。
このとき、元の絵と位置がずれないように再現しているのです。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する