Super源さんの雑学事典

自動車のタイヤと飛行機のタイヤの違いは?

タイヤを交換する整備士

自動車のタイヤと飛行機のタイヤは、一体何が違うのでしょうか?

自動車のタイヤと飛行機のタイヤの違いは?


自動車のタイヤには空気が入っていますが、飛行機のタイヤには、窒素(ちっそ)ガスが入っています。
また、飛行機のタイヤには、タイヤが横滑りするのを防ぐため、縦に刻みが入っています。

飛行機のタイヤ
飛行機のタイヤ

その他、飛行機のタイヤは、自動車のタイヤとは異なり、飛行機の重量を支えながら離着陸を繰り返すという過酷(かこく)な条件下で使用されるため、高耐久性、高内圧、高耐加重などに優れたものが使用されています。

飛行機のタイヤに窒素ガスが入っているのは何故?


窒素入りのタイヤは、常に安定した空気圧を維持(いじ)できる

空気中には、微量の水分が含まれています。
この水分は、温度などの環境の変化で、膨張(ぼうちょう)・収縮(しゅうしゅく)をします。
そのため、空気をタイヤに入れると、タイヤの空気圧が変わる原因となります。

一方、純粋な窒素ガスには水分が含まれていません。
そのため、窒素をタイヤに入れると、空気圧の変化を抑(おさ)えることができます。

飛行機は、地上と上空を往復します。
上空は、ご存じの通り、気圧が低くなっています。
そんな飛行機のタイヤに、空気を入れたらどうなるでしょう?
上空ではタイヤの空気圧が下がり、地上では上がるということを繰り返すことになり、あまりよろしくありません

そこで、常に安定した空気圧を維持(いじ)できる窒素(ちっそ)が入れられているのです。

窒素入りのタイヤは、他にどんな乗り物に使われている?


窒素入りのタイヤは、近年では一般の自動車でも使われるように

なお、窒素ガスを充填(じゅうてん)したタイヤは、気圧の変化以外にも、タイヤの発熱による膨張を抑(おさ)えることができます。
そのため、長時間スピードを出し続け、タイヤに負荷がかかるレーシングカーにも使われてきました。

近年では、一般の自動車にも使われるようになっています。

参考にしたサイト
航空機用タイヤ - ブリヂストン
http://www.bridgestone.co.jp/aircrafttire/technology.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (2)

* by 疑問君
飛行機一機のタイヤは全部で何個?
また、タイヤ一本でどれくらいの重さに耐えられるのでしょうか。

Re:飛行機一機のタイヤは全部で何個? * by Super源さん
疑問君さん、いらっしゃいませ。v-410
質問ありがとうございます。

この件、調べてみました。
タイヤの個数は飛行機の種類によって違うようですが、例えばジャンボジェット機では、基本的に前脚1本(タイヤは2個)と、主脚4本(タイヤは4X4の16個)の合計18個のタイヤが使われてるようです。

以下にジャンボジャット機(ボーイング747)の写真へのリンクを張りますので、良かったら数えてみてくださいね。
http://www.airliners.net/open.file/1022532/L/

また、タイヤ1本の耐加重に関しては明確な数字を見つけることができませんでしたが、ボーイング747の最大離陸重量が395トンで、これを18個のタイヤで支えていることから考えると、単純計算で、タイヤ1個あたりの耐加重は約21.95トン以上となります。

日記(本文)の方に、「参考にしたサイト」として、航空機用タイヤのデータのあるリンクを張っておきますので、そちらも覗いてみてくださいね。目から鱗のデータが満載です。

コメント









管理者にだけ表示を許可する

飛行機一機のタイヤは全部で何個?
また、タイヤ一本でどれくらいの重さに耐えられるのでしょうか。
2008-07-13 * 疑問君 [ 編集 ]
Re:飛行機一機のタイヤは全部で何個?
疑問君さん、いらっしゃいませ。v-410
質問ありがとうございます。

この件、調べてみました。
タイヤの個数は飛行機の種類によって違うようですが、例えばジャンボジェット機では、基本的に前脚1本(タイヤは2個)と、主脚4本(タイヤは4X4の16個)の合計18個のタイヤが使われてるようです。

以下にジャンボジャット機(ボーイング747)の写真へのリンクを張りますので、良かったら数えてみてくださいね。
http://www.airliners.net/open.file/1022532/L/

また、タイヤ1本の耐加重に関しては明確な数字を見つけることができませんでしたが、ボーイング747の最大離陸重量が395トンで、これを18個のタイヤで支えていることから考えると、単純計算で、タイヤ1個あたりの耐加重は約21.95トン以上となります。

日記(本文)の方に、「参考にしたサイト」として、航空機用タイヤのデータのあるリンクを張っておきますので、そちらも覗いてみてくださいね。目から鱗のデータが満載です。
2008-07-15 * Super源さん [ 編集 ]