Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

だまされずに、熟れたぶどうを見分けるには?

ぶどう園の ぶどう

果物の熟(う)れ具合を確かめる方法は、いくつもあります。
スイカの場合は、ご存知のように、軽く叩いてみて、充実した音が返ってくれば、十分食べ頃。
メロンの場合は、底にあたる部分を押してみて、柔らかくなっていればかなり熟れています。

ほかの果物の場合には、甘い香りがするかどうかや、色づきかげんが決め手のひとつとなります。

その中で、一番確実に食べ頃が分かるのがぶどうです。
ぶどうの房(ふさ)のもとに一番近い部分の一粒を食べてみて、もしも甘ければ、房全体が甘くなっていると考えて大丈夫です。

というのは、ぶどうは根元から遠いところ、つまり房の先端から順番に実ってくる、という性質があるからです。
逆にいえば、先端部分が甘くなっているからといって、もう食べ頃だ、と判断するのは早計(そうけい)だということです。
房がまだ熟れ始まったばかりで、根元の方はかたい可能性があります。

ただ、この確認法には、ひとつ問題があります。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ぶどう園などではこの方法がいくらでも試せますが、スーパーや果物屋の店先ではちょっと難しいということです。

ということで、おじさんの目を盗むコツは、今度ご紹介しましょう。(笑)
お役立ち 情報
関連記事
おすすめ記事

* Category : お役立ち情報

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する