Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

江戸時代から、「飲み水を買う」習慣があった?

塩素消毒、フッ素添加、はたまた放射能汚染の心配など、水道水をそのまま飲むのに不安があることもあってか、今では多くの種類のミネラルウォーターが、店頭に並ぶようになりました。

きっと、昔は水がきれいでおいしかったため、わざわざ水を買う人などいなかったろうと思いきや、実は、江戸時代にも、水を買っていた人たちはいました。
「水屋」という、水を売り歩く商売があったのです。

水屋
水屋
写真は、こちらからお借りしました。

神田上水(かんだじょうすい)や玉川上水(たまがわじょうすい)は、自然の勾配(こうばい)をつけて町々に配水されていたので、使われなくなった水は、そのまま河川(かせん)などに流れていきます。
水屋は、その水を船で運び、上水の通っていない地域や、良質の井戸に恵まれない地域に行っては、天秤棒の両端に細長い桶(おけ)をつけてかつぎながら、「みずー!、水」と売り歩いていたのです。

また、売り歩いた水は、山の手の水であったり、川の水をそのまま汲(く)んだものであったりしたようです。

江戸の中でも、深川周辺は飲み水が乏(とぼ)しく、いつも水屋から水を買っていました。
しかしながら、水屋から買った水は、塩分を含んでいることも多かったようで、来客にお茶を出す際に困ったという話しが残っています。

明治になって、下町では、朝夕、二桶一銭で水を買っていたといいます。
こうした水屋は、明治31年に改良水道が引かれるまで大繁盛し、庶民の生活を支える重要や役割を果たしました。

人がたくさん集まれば、飲み水に苦労する――これは、いつの世も変わりません。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する