Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

昆虫は、死ぬと何故あお向けになる?

セミ、クワガタ、コオロギ、テントウムシなど、昆虫の死骸(しがい)は、ほとんどきまってあお向けのかっこうとなっています。
これは一体、何故なのでしょうか?

アブラゼミ
アブラゼミ

結論を先にいえば、それが彼らにとって本当の休息の姿である、ということです。

昆虫には、3対、6本の足があります。
このように足の数が多くて細いのは、体重を上手に分散させて、どこにでも軽々とバランスよく止まれるためだといわれています。

その6本の足を、乱すことなく屈伸させて動き回る姿は見事なものですが、これはもちろん、私たちと同様、筋肉が関節を統制(とうせい)しているからです。

ところが、死んでしまうと、その筋肉は化学変化を起こして収縮(しゅうしゅく)してしまいます。
そのため、足は内側に折り曲げられて体の重さを支えきれなくなり、コロリとひっくり返って、永遠の眠りに入るわけです。

チョウの場合は、あお向けではなく、横倒しのかっこうになりますが、これは大きな羽があるためで、体の重さを支えられないという理由は同じです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する