Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

部屋が増える? 魔法のホテル

ホテル

まずは、次の文章をお読みください。


あるホテルに、10人の旅行者が泊まろうとしました。
が、その日は宿泊の予約が多く、空き部屋は2階の9部屋しかありません。

支配人は、しばらく考えてから、

「分かりました。何とかいたしましょう」

といい、最初のお客に、

「Aさん、おそれ入りますが、しばらくここでお待ちください」

というと、ロビーに案内しました。

そうしておいて、彼は201号室にふたり目のお客を入れ、202号室に3人目のお客、203号室に4人目のお客、204号室に5人目のお客、205号室に6人目のお客、206号室に7人目のお客、207号室に8人目のお客、208号室に9人目のお客を入れました。

それから、ロビーに戻り、

「Aさん、おまたせいたしました。209号室にどうぞ」

といいました。


さて、この話しに、どこか矛盾はないでしょうか?
あるとすれば、おかしいのはどこでしょうか?

ホテルのエントランス

実は、これは19世紀の数学者・ペーター・グスタフ・ディリクレ(Johann Peter Gustav Lejeune Dirichlet、1805年 - 1859年)の「部屋割り論法」と呼ばれる古典的パズルです。

ペーター・グスタフ・ディリクレ
ペーター・グスタフ・ディリクレ
写真は、こちらからお借りしました。

落ち着いて、よく読めばお分かりと思いますが、支配人は10人目のお客を部屋に案内していません。
Aさんが、ひとり目のお客と、10人目のお客の「一人二役」を演じる形になってしまっているのです。

まあ、実際のホテルで、こんな対応をしたら、すぐにバレてしまうでしょうけれど。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する