Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

「結婚詐欺」と「詐欺による結婚」は、どこが違う?

「結婚詐欺」というのは、たとえば男性が自分はパイロットだとか弁護士だとか、あるいは医者だとか、身分を偽って女性に近づき、結婚をちらつかせて、あるいは結婚の約束をして、金品をだまし取るものです。

代表的な手口としては、「結婚前に清算しなければならない借金があるんだ」「結婚を機に独立するつもりなんで、開業資金が必要なんだ」などともちかけ、多額の金品をだまし取るなどがあります。

近年では、日本や韓国の男性が、アジア諸国の女性に国際結婚を持ちかけて、査証(さしょう=ビザ)支給費用などの名目で金銭をだまし取るというブローカーぐるみの事件も発生しています。

いずれの場合も、詐欺師は最初から、その女性と結婚する気など毛頭ないので、もらう物さえもらったらドロンということになります。

それでは、「詐欺による結婚」とは何でしょうか?
ただ単に、言葉の順序が逆になっただけかと思いきや、これがまったく違うのです。

「詐欺による結婚」とは、自分の学歴や職業を偽る点では「結婚詐欺」と良く似ています。
が、女性から金品をだまし取るわけでも、結婚前にドロンするわけでもありません。
一番の違いは、その目的です。
それでは、一体どんな目的なのでしょうか?
その女性と、本当に結婚したくて、自分の過去を偽るのが、「詐欺による結婚」なのです。

もっとも、過去を偽らなくても、その女性の財産だけが目当てで結婚すれば、これも「詐欺による結婚」になることがあります。
いずれにしても、こうした事実が明らかになれば、婚姻届けは無効になります。

が、ここでひとつ疑問がわきます。
もしも、女性が整形手術をしていたことがあとで分かった場合は、「詐欺による結婚」になるのでしょうか?

整形ファミリー
写真は、こちらからお借りしました。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する