Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「ピークシフト自販機」とは?-夜間電力を活用した省エネ型自動販売機

街中に並ぶ自動販売機。その中に、ときおり「ピークシフト自販機」というものを見かけます。
これは、一体どんなものなのでしょうか?

ピークシフト自販機は、省エネ型の自動販売機


ピークシフト自販機というのは、販売機の中に入っている商品を、電力需要の低い夜間の時間帯に冷やし、電力使用がピークとなる日中には基本的に保温のみを行なって、待機電力のみとする、省エネ型の自動販売機です。

ピークシフト自販機の仕組み
ピークシフト自販機の仕組み

「ピークシフト」の名前の由来は、電力需要の高いピークを避けて、低い夜間にシフトする、というところからきています。

このような仕様とすることで、年間消費電力を減らせるばかりでなく、日中はコンプレッサーが停止しているため、音が静かになるなどのメリットがあります。

このような仕様を実現するために、ピークシフト自販機は、扉を初めとして機械全体の機密性(きみつせい)を高め、断熱剤(だんねつざい)も通常の販売機で使われているウレタンよりもさらに保温性の高い真空断熱剤を使うなど、冷却効果と断熱効果を高める工夫が施されています。

ちなみに、日本の電力需要がピークを迎える時期は、7月- 9月の平日 9時-20時頃で、中でも13時-16時頃、とりわけ14時頃が最も高くなっています。

おわりに


ここ数年、私の近所にある自動販売機を注意して見ていますが、ピークシフト自販機、少しずつ増えているようです。

ピークシフト自販機は、具体的には7時から23時までの16時間、冷却をストップして、消費電力を95%削減しつつ、24時間冷たい飲み物を販売することを目標に開発されたものですが、これはすなわち、しーんと静まり返った夜間になると、自動販売機から「ガーーーッ!」と、大きな音が発生することを意味しますね。(^^;

まぁ、自動販売機はブルドーザーではないので、実際にはそれほど大きな音ではないと思われますが…。

参考にしたサイト
日本コカ・コーラ |ピークシフト自販機について
http://j.cocacola.co.jp/peak_shift/about/
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する