Super源さんの雑学事典

麻雀の「リーチ」を考案したのは日本人だった?

麻雀のルールには、最初リーチはありませんでした。

が、1952年(昭和27年)に、報知新聞(ほうちしんぶん)が制定したリーチルールが普及し、リーチをかけることが一般的になりました。

マージャン
写真は、こちらからお借りしました。

これを「報知ルール(ほうちるーる)」といい、1952年(昭和27年)11月30日から同年12月5日にわたり、報知新聞紙上に発表されました。

麻雀とは?


麻雀(マージャン、Mahjong)とは、中国発祥のテーブルゲームのひとつです。
牌(ぱい)を使い、原則として4人で行なわれるゲームで、今や世界中で親しまれています。

麻雀は、4人のプレイヤーがテーブルを囲み、136枚あまりの牌を引いて役を揃えることを数回行ない、得点を重ねていくゲームで、勝敗はゲーム終了時における得点の多寡と順位で決められます。
ゲームのルールは非常に複雑ですが、発祥地である中国のほか、日本、アメリカなどの国々で親しまれています。

参考にしたサイト
報知ルール-Brain and Mind Sports Wiki
http://seesaawiki.jp/w/mind_extream/d/報知ルール
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント









管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-08-31 * [ 編集 ]