Super源さんの雑学事典

ライフセーバーが溺れている人を助けるとき、一度海に沈めることがある?

救助

ライフセーバーが溺れている人を救助するときに、一度海に沈めることがありますことがあるのをご存じですか?

ライフセーバーが溺れている人を助けるとき、一度海に沈めることがある


溺れている人は、何かにつかまろうと必死になります。
そのため、ライフセーバーが体をつかまれて、一緒に溺れそうになることがあります。
そのようなとき、頭を押さえつけて一緒に海に沈み、体勢を整えてから救助を行なうことがあります。

救助活動は、まさに命がけの作業です。
もしもあなたが溺れている人を見かけたら、よほど自信がない限り、自分で助けようなどとは思わず、すぐに「119」に連絡してください。
あわててしまい、とっさに「119」が思い出せない場合には、「110(警察)」や、海上での海難事故の場合には海上保安庁「118」にダイヤルしてください。
これら3つの救助機関のいずれにかけても、相互の連絡・連携により、消防・警察・海上保安庁が救助に駆けつけます。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する