Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

えっ! 江戸時代、オナラをした娘の身代わりになる役職があった?

オナラ 鼻をつまむ 女性

江戸時代、良家の娘に仕えて、その娘が人前でオナラをしてしまった場合、自分が放屁(ほうひ)したことにして、娘に代わって非難を受ける役職の女子がいました。

この女子を、「屁負い比丘尼(へおいびくに)」といいます。

屁負い比丘尼は、常に良家の娘に付き添って、娘が放屁をしてしまった場合には、それを自分がしたことにして、いわば身代わりになったわけです。

時代劇をみていても分からない事柄ですが、このような職業があったということから、江戸時代には、オナラをすることは、今以上に、特に女性にとってとても恥ずかしいことだと考えられていたことが分かります。

参考にしたサイト
へおいびくにとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%B8%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%B3%E3%81%8F%E3%81%AB
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する