Super源さんの雑学事典

ワーグナーの「結婚行進曲」は、実は別れの曲だった?

結婚式の テーブル

結婚式の披露宴でかかる、ワーグナーの「結婚行進曲」。
この曲は、実は別れの曲だということをご存じですか?

ワーグナーの「結婚行進曲」は別れの曲だった


結婚式の披露宴で、新郎新婦の登場時に必ずといってよいほど流れるのが、ワーグナーの「結婚行進曲」です。

が、西洋では不吉なとして、この曲が結婚式で使われることはありません。

この曲は、ワイマール宮廷劇場で初演された歌劇「ローエングリン(Lohengrin)」の中で演奏された曲であり、忌み嫌われる理由はこの歌劇のストーリーにあります。

主人公のローエングリンは、自分の名前や身分を明かさないという条件で、皇女(こうじょ)エルザと結婚します。
が、エルザはその約束を破ってしまい、翌朝ローエングリンは彼女の元を去っていくという悲劇なのです。

このような悲劇の曲を、人生で最大の晴れ舞台といわれる「結婚式」で使っているのは、日本だけです。
お役立ち 情報
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する