Super源さんの雑学事典

なんと、家計簿を見てから盗む気配り泥棒がいた?

家計簿

日本人が発展途上国で生活する場合、一番困るのは、使用人にお金や宝石を盗まれることだそうです。
彼らは、貧乏人が金持ちからお金を盗んでも罪とは考えないらしいので、罪の意識はまったくないのです。
そのため、とにかく家中の引き出しに鍵をかけて防止するのだそうです。
この事件の犯人も、きっと発展途上国の泥棒だったのかも知れません。

家計簿を見てから盗む気配り泥棒がいた


その泥棒は、盗みに入ると、真っ先に家計簿を探し、その家の家計の程度を調べます。
そして、多少とも余裕の感じられる家庭でなくては、いっさい盗みを働きませんでした。
たとえ、リッチな家庭であったとしても、給食費や治療費、光熱費などには絶対に手をつけませんでした。

その代わり、お金がうなっているような家からは、遠慮なくありったけの現金や金目のものをいただいていました。

ちなみに、彼の1日あたりのノルマは10万円。週休2日、週に5日働いたとして月収200万円。
ちょっとうらやましい気もします。
珍事件簿
関連記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する