Super源さんの雑学事典

「ハイジャック」の語源は、「ハーイ!ジャック」から?

乗客や搭乗員を脅して飛行機を乗っ取る「ハイジャック」ですが、この語源はアメリカの西部開拓時代(せいぶかいたくじだい)にまで遡(さかのぼ)ります。

「ハイジャック」の語源は、「ハーイ!ジャック」から


ハイジャック
写真は、こちらからお借りしました。

西部開拓時代(開拓時代)というのは、19世紀、特に1860年代に始まって1890年のフロンティア消滅までにおける、北アメリカの時代区分のひとつです。
オールド・ウェスト(Old West)、ワイルド・ウェスト(Wild West)とも呼ばれます。

この時代、列車で乗客の金品を奪う犯罪が横行(おうこう)していました。
強盗たちが列車を止めるために、銃をつきつけて運転手に向かってかける言葉が、「やあ、ジャック(Hi, Jack)」だったのです。

「ジャック」というのは、アメリカでは一般的な名前で、見知らぬ男性に呼びかけるときに使うことがありました。

これがいつしか、乗っ取り事件そのものを指す言葉となったのです。

おわりに


今日は、「ハイジャック」の語源は「ハーイ!ジャック」から来ていた、という話を書いてみましたが、いかがでしたか?
文字通り、ウソのような本当の話で、こういうことは、探せば他にもたくさんありそうです。

そうそう。ハイジャックといえば、このように国をまたいで飛ぶ飛行機の中で犯罪が発生した場合、どこの国の法律で裁かれるのでしょうか?

答えは、以下の記事をお読みください。

飛行機の機内で起こった犯罪は、どこの国の法律で裁かれる?

通常、何か犯罪が起こった場合、起こったその国で裁かれます。それでは、国をまたいで飛ぶ飛行機の中で起こった犯罪は、どこの国の法律で裁かれるのでしょうか?機内で起こった犯罪は、その航空機を登録している国の法律で裁かれる飛行中の中で起こった犯罪は、その航空機を登録している国の法律で裁くと決められています。たとえば、日本の航空会社が運行するフランス行きの飛行機が、中国上空を飛んでいるときにハイジャック事件...

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する