Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

えっ? 日本最初のカレーの具はポークやビーフではなくカエルだった?

カレー


カレーといえば、現在の日本ではポークカレーやビーフカレーがポピュラーですね。
が、なんと、日本最初のカレーには、具にカエルが使われていました!

5月頃、田んぼで「ゲコゲコ!」といっせいに鳴いたりする、あのカエルですよ!

日本最古のカレーレシピには、カエルが具のひとつとして記されていた


1872年(明治5年)に刊行された、日本で最古と思われるカレーレシピには、チキン、エビに加えて、なんとアカガエルまで具にするように記されています。

このレシピは、明治5年(1874年)に発刊された『西洋料理指南』に載っているもので、正確には以下の通りです。

「葱一茎生姜半箇蒜少許ヲ細末ニシテ牛酪大一匙ヲ以テ煎リ水一合五タヲ加へ鶏海老、鯛、蠣、赤蛙等ノモノヲ入能ク煮後「カレー」ノ粉一匙ヲ入煮ル1西洋一字間巳ニ塩ニ熟シタルトキ加ヘ又小麦粉大匙二ッ水ニテ解キテは入ルベシ」

現代語にすると、ネギ、しょうが、ニンニクのみじん切りをバターで炒めて、水を加え、鶏、エビ、タイ、カキ、赤ガエルなどを入れて煮こみ、カレー粉1さじを加えたら、さらに1時間煮て塩で味を調(ととの)え、水溶き小麦粉大さじ2杯を入れる、となります。

具にカエルが選ばれた理由


しかし何故、よりによって「カエル」だったのでしょうか?

カレーのルーツはもちろんインドですが、日本に伝わってきたのはイギリスからでした。
このとき既に、カレーのレシピには、具としてビーフやポークを入れるように書かれていたのですが、当時の日本人には、そうした肉を日常的に食べる習慣がありませんでした。

つまり、肉食の習慣がなかったのですね。

そこで、当時のシェフが、どうしたら日本人の口に合うカレーになるか熟考した結果、魚介類のカレーがなじみやすいだろうということで、当時は食用だったカエルが、その中でも一番おいしいといわれる赤ガエルが選ばれたのです。

おわりに


うーん。カエルの肉は、鶏のモモ肉のような食感で、やわらかくしておいしいと聞いたことがありますが、このレシピではカエルが丸ごと入っていたようで…、となると、たとえ「食わず嫌いと」いわれようと、私としては遠慮したいところですね。【><】
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する