Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

ガスタンクが球形、石油タンクが円筒形なのは何故?

ガスタンク 石油タンク 工場地帯

都会で生活していると、なかなか見る機会のないガスや石油のタンクですが、その形は、ガスは球形、石油は円筒形と決まっています。

しかしながら、過去を振り返れば、球形のガスタンクができる昭和31年以前はガスタンクも円筒形でしたし、今でもわずかですが円筒形のものはあります。

必ずしもこの形でなければならないということはありませんが、ガスタンクが球形になったのには、それなりの理由があります。

ガスには、圧力をかければかけるほど、体積が小さくなるという性質があります。
この性質を利用すれば、同じ容量のタンクでも、高い圧力をかければより多くのガスを貯蔵できます。

が、円筒形のタンクの場合、平面と曲面で圧力のかかり方が異なるので、圧力を上げていくとバランスが崩れ、タンクの鉄板が破損する虞(おそれ)があります。

球形のタンクであれば、球面にかかる圧力は均等になるため、円筒型のタンクのようにバランスが崩れることはありません。
そのため、球形の方が、より多くのガスを貯蔵できるというわけです。
このようなガスタンクのことを、正式にはガスホルダーといいます。

石油タンクの場合は、中の圧力を高くする必要はないため、コストの安い円筒形で充分です。
ただし、タンクを必要以上の高さにすると、タンク下部に重さによる圧力がかかりすぎるので、これも危険となるので、通常タンクの高さの限界は22メートルくらいとなっているようです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する