Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

リュックサックをラクに背負うコツは?-リュックを軽くするのも重くするのも荷物の詰め方次第だった

リュックサックと 犬

リュックサックは、荷物の詰め方次第で、軽くもなり、重くもなります。
今日は、そのコツを書いてみたいと思います。

コツ1、リュックの下の方に軽いもの、上の方に重いものをつめる


まず、安定が良いだろうと考えて、下の方に重いものを詰めるのは大失敗のもとです。
下の方には、服やタオルなどの軽いものを、上の方には缶詰などの重いものをつめるのが、リュックサックをラクに背負う最大のコツです。

コツ2、リュックと背中との間に、できるだけ隙間を作らないようにする


次に、リュックサックを背負ったときに、リュックと背中との間に、できるだけ隙間を作らないようにします。
隙間があると、首や背中に余分な力がかかって、人よりも早くアゴを出すことになります。
できるだけ、背中にぴったり接触するように、肩にかける部分の長さを調整します。

コツ3、リュックサックのベルトを長くして、腰の下までくるような低い位置で背負う


次に、リュックサックのベルトを長くして、腰の下までくるような低い位置で背負うと、自然にアゴがでて、歩きにくいうえに、疲れやすくなります。
できるだけ高い位置で背負うこともラクにかつぐ秘訣です。

コツ4、背中に当たる部分には、タオルなど布製のものをつめる


また、背中に当たる部分には、タオルなど布製のものをつめると良いです。
一歩踏み出すたびに、背中にゴツゴツ缶詰が当たっては、これはもう拷問(ごうもん)ですよ。

【遠足とリュック】
遠足とリュック
お役立ち 情報
関連記事

* Category : お役立ち情報

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する