Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

星座の形は、少しずつ変化している?

太古の昔から、星座は世界中の人々の心を引きつけてきました。星座と聞けば、男性であっても何となくロマンチックな気持ちになるものです。
ことに、星座の名前や形を覚えて星座を眺めたりすると、心が洗われたようになるものです。

実は、この夜空にまばたく1つ1つの星座は、少しずつですが動いています。
このことを最初に発見したのは、イギリスのハレーです。
1718年に、ギリシアの天文学者ヒッパルコスが紀元前1世紀に測定した結果と、彼が測定した結果とを比べたところ、おおいぬ座のシリウスがヒッパルコスとハレーの測定とで約0.5度ずれていることが判ったのです。

また、その後の研究で、星はそれぞれ固有の運動をもつことが判明しました。
つまり、星座の形も星の動きによって変化していくということが分かったのです。

そうなると、今、水がめ座、てんびん座、いて座などといっている星座も、いずれは名前の由来が分からなくなるほど、とんでもない形になってしまう可能性もあるわけです。

北斗七星の形の変化(20万年前と現在と20万年後)
北斗七星の形の変化(20万年前と現在と20万年後)
写真は、こちらからお借りしました。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する