Super源さんの雑学事典

船の窓は何故円い? - 円い窓は四角い窓よりも耐久性がはるかに高い

船の窓

船の窓は、何故円いのでしょうか?
それは、海上で波を受けた場合や、船にゆがみが出てきたときに、四角い窓よりも円い窓の方が、耐久性がはるかに高いからです。

円い窓は壊れにくい


四角い窓に無理な力が加わった場合、隅の部分が壊れやすいですが、円い形ならば、すべての方向に均一な力が加わるので、壊れにくいのです。

また、ワイパーの代わりに窓ごとモーターで水滴を取り除くブリッジ(船橋)の窓などは、必然的に円い形でないと困ります。

「ニャー、窓って、ヒーヒー言いながら、つるべで水を汲(く)むものだよニャ」「それは、『井戸』」
犬と猫の会話 窓の意味は?

ただし、甲板から上の波をかぶりにくい窓、特に操舵室の窓は四角となっています。
これは、円窓よりも四角窓の方が視界が広くなるためです。

船の円い窓の名前と特徴は?


この船の丸い窓は、「舷窓(げんそう)」といいます。
窓の大きさは数センチメートル~数10センチメートルまでとさまざまで、重さは大きいものでは500キログラム以上あるものもあるそうです。

窓の厚みは、一般的に5センチメートルのものが多いです。
潜水艦や宇宙船の窓は別ですが、船にとっては5センチメートルあれば強度としては十分ということです。

ちなみに、船だけでなく、戦車や飛行機、宇宙船などに使われている丸い窓も、同じく「舷窓」と呼んでいます。

なお、円いといえば、マンホールの蓋(ふた)も円いですね。
こちらは、マンホールの中に入って作業をする人の安全を考えて、円くなっています。

詳しくは、以下の記事をお読みください。

マンホールの蓋は何故円い? - 中に入って作業をする人の安全確保のため

道路を歩いていると、ふと目にするマンホール。近年では、市町村ごとにシンボルマークを入れたりと、なかなか凝ったデザインのものも登場しているようですが、変わらないのはその円い形。地下に埋め込まれるコンクリートブロックは立方体でも、その上にある蓋だけは円形。マンホールの蓋は、何故円いのでしょうか?マンホールの蓋が円いのは、中に入って作業をする人の安全確保のため円は、人一人が出入りするのに、最も効率のよい...

雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する