Super源さんの雑学事典

宇宙人が登場する最初の小説は?-紀元前2世紀にルアキノスが書いた『イカロメニッポス』

宇宙人

世界で最初に書かれた、宇宙人が登場する小説は、何と言うタイトルなのでしょうか?

世界で初めて宇宙人が登場する最初の小説は?


世界で初めて書かれた、宇宙人が登場する小説は、紀元前2世紀にギリシアのルアキノス(Loukianos、120頃-180頃)が書いた『イカロメニッポス』(空を飛ぶメニッポス)だそうです。
これは、哲学者メニッポスが、神話のイカロスよろしく、両手に羽をつけて空を飛び、月へ、さらには天界へと赴き神々に会うという話です。

またルアキノスは、その後『本当の話』(こちらも『イカロメニッポス』同様、月旅行を扱った話)というタイトルの小説を書いており、この2編はともに「史上最初のSF」とされます。

日本で初めて宇宙人が登場する最初の小説は?


それでは、日本で初めて宇宙人が登場する最初の小説は、何というタイトルなのでしょうか?
日本で初めて書かれた、宇宙人が登場する小説は、平安時代に書かれた、あの有名な作者不詳の『竹取物語』がそれにあたるようです。
そういわれても、

「えっ、あの話が?」(?_?)

と今一つピンときませんが、『竹取物語』の主人公であるかぐや姫こそが、月の住人、つまり宇宙人だったのですね。
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する