Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

宇宙人からメッセージを受け取った際のガイドラインがあるって本当?

万が一、というより、万が一にもない話だとは思いますが、もしも私たち個人が何らかの方法で宇宙人からメッセージを受け取ってしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか?実は、こんな場合の対処法が、国際天文学連合によって定められているといいます。それによれば、まず宇宙人からメッセージを受け取ったら、むやみに返信してはいけません。何故なら、個人向けのメッセージだとみなして返信してしまったら、あなたが地球人の...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

クモの糸を混ぜた「スパイダーシルク」が強い?

ジョロウグモと クモの糸クモの糸は、細い見た目とは裏腹に、非常に強靭(きょうじん)で、同じ太さの鋼鉄(こうてつ)の約5倍の強さをもつといわれています。そしてその強さは、もしも直径1センチのクモの糸で網(あみ)を作ったとすると、ジェット機でも支えられるといわれるほどです。クモの糸は、固いかたまり状の物質と、よく伸びるひも状の物質が組み合わさった構造となっており、強いだけでなく、同時にしなやかさも兼ね備えてい...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「所得申告」した律儀な泥棒?

住所を定めず、地下に潜伏(せんぷく)し、世の中に組み込まれること極端に嫌う――これが、一般的な”ドロボー像”と思われます。しかしながら、平成2年9月に、東京・田無(たなし)署に逮捕されたA(33歳)の場合は、およそ泥棒らしくありませんでした。大手警備保障会社の社員を装(よそお)って、盗んだお金を堅実(けんじつ)に貯金。ここまでは、まだ理解できるとして、さらに、しっかりと住民登録。そして、なんと、”所得”約200万円を確定...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

「逆切れ」という言葉の生みの親は、なんと、松本人志だった?

写真は、こちらからお借りしました。「逆切れ」という言葉を辞書で引いてみると、「本来なら怒られるべき立場の人が、逆に怒り出してしまうこと」と書かれています。さて、この今や市民権を得ている「逆切れ」という言葉ですが、この言葉は、お笑い芸人の松本人志が、テレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で使い始めたことがきっかけで、世間に浸透(しんとう)したとされています。つまり、この言葉の生みの親は、...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

甘いみかんを見分けるワザとは?

冬になって、寒さが厳しくなってくると、コタツに入って食べたくなるのがみかん。そのみかんですが、同じ箱に入っていたみかんなのに、ときどき、特に甘いみかんに当たることがありますよね?通常は、食べてみるまで分からない、この「当たり」のみかんですが、実は、食べる前に、甘いみかんかどうかを見分けるワザがあります。そのワザとは、“みかんの房(ふさ)の軸の太さを見る!”です。このように書くと、「え? そんなところを...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)

「コインの表が出たから、君は死刑じゃ!」

写真は、こちらからお借りしました。コインを投げて、表が出たら死刑、裏が出たら無罪。もし本当に、こんな裁判があったとしたら……?世界史をひもとけば、古代社会では多くの国で、このような偶然に基づいた裁判が行なわれていたことが分かります。東南アジアには、草の根をばらまき、それが裏か表かで正邪を決める民族がありました。紀元前20世紀頃につくられたとされるハムラビ法典にも、同じく偶然に左右される5種の審判法(しん...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

ネクタイの先が、剣型にとがっているのは何故?

女性の目から見れば、男性のネクタイほど不思議なおしゃれはないかも知れません。――何故わざわざ、首を締め上げて窮屈(きゅうくつ)な思いをするようなものをつけるのだろうか――と。それにしても、もうひとつ分からないのが、ネクタイは何故先がとがった形をしているのか、ということです。これは、当の男性でさえ、知らない方が多いのではないでしょうか?そもそもネクタイは、17世紀半ばのフランス・ルイ14世の時代に初めて登場し...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

潜水調査船は、錘(おもり)を積んで潜り、錘を落として浮上していた?

世界有数の地震大国である日本。その日本が、太平洋プレートの地質調査を行なうために開発したのが「しんかい6500」。1989年(平成元年)に完成した「しんかい6500」は、その名の通り、最大6500メートルの海底に到達することができる有人潜水調査船です。しんかい6500写真は、こちらからお借りしました。さて、この「しんかい6500」は、2時間半で深度6500メートルに到達しますが、”潜水するときにはバラストタンクに水を注入し、1.2...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

プロ野球で、優勝した際の「ビールかけ」を最初にしたのは誰?

写真は、こちらからお借りしました。プロ野球で、チームの優勝が決定した際に、お約束のように行なわれる「ビールかけ」。このビールかけを最初にしたのは、一体誰なのでしょうか?日本のビールかけの始まりは、1959年(昭和34年)の南海(福岡ソフトバンクスの前身)がパ・リーグで優勝した当時に遡(さかのぼ)ります。その日、優勝決定後の監督や選手が集まる祝賀会(しゅくがかい)で、どんちゃん騒ぎが繰り広げられていました。そんな...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

キラキラネームの元祖は、あの森鴎外だった?

赤ちゃんの名前ランキングは、時代とともに移り変わります。が、中には一般常識とはおよそかけ離れた名前をつける人もいるそうです。最近では、そのような名前を「キラキラネーム」「DQN(ドキュン)ネーム」などと呼ぶようです。さて、今から100年以上も前に、元祖(がんそ)キラキラネームとでもいうべき名前を、自分の子供につけた父親がいました。それは、明治の文豪(ぶんごう)・森鴎外(もりおうがい、本名:森 林太郎(もり りんた...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

細胞を生きたまま封じ込めるCAS冷凍とは?

生の刺身と冷凍の刺身であれば、ほとんどの方が生の刺身の方がおいしいと考えるでしょう。しかしながら、最新の冷凍技術を使えば、ほとんど鮮度を落とすことなく、冷凍が可能だといいます。その技術が、千葉県流山市の株式会社アビーが開発したCAS冷凍(キャス冷凍)です。CAS冷凍というのは、セル・アライブ・システム冷凍(Cells Alive System冷凍)の略で、文字通り、細胞(セル)を生きたまま(アライブ)冷凍する技術です。CAS冷凍は...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「上野の西郷隆盛像」の除幕式で、西郷の妻が口にした驚きの一言とは?

写真が嫌いだったという西郷隆盛(さいごう たかもり)は、実は坂本竜馬(さかもと りょうま)や勝海舟(かつ かいしゅう)のように、本人と断定できる写真を残していません。ふくよかな輪郭(りんかく)に太い眉(まゆ)、鋭い眼光をたたええながらも優しげな眼差しをもつ、誰しもが知る西郷隆盛の肖像画(しょうぞうが)は、本人をモデルにしたものではありません。イタリア人銅版版画家エドアルド・キヨソネが、西郷の弟の従道(つぐみち)と...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

眠くなると、思わず目をこすってしまうのは何故?

眠くなると、痒(かゆ)いわけでもないのに、思わず目をこすってしまいます。これは、何故なのでしょうか?通常、眠くなると、血圧が下がります。が、まぶたの皮は薄いため、血圧が下がると、腫(は)れぼったくなってきます。その重さを軽減(けいげん)しようとして、目をこすってしまうのです。また、眠くなると、涙腺(るいせん)の活動に変化が生じて、涙の量が減ります。すると、目が乾燥してくるので、涙の分泌(ぶんぴつ)を促そうと...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

将棋の「歩」の裏にある「と」の正体は?

将棋では、王将と金将以外の駒(こま)は、敵陣に入ると裏返って「成り駒」となり、動きが変わります。たとえば、歩兵(ふひょう)であれば、敵軍に入ると「と金」になり、金将と同じ動き方になります。ところで、この成り駒の字は「崩(くずし)字」と呼ばれる書体で書かれていることが多いのですが、たとえば、歩兵の成り駒に書かれた「と」というのは、一体何のことなのでしょうか?これには、諸説あります。ひとつは、最初はきちんと...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ハイヒールを流行らせたのは、フランスのルイ14世だった?

ハイヒールの起源は、中央アジアの騎馬民族(きばみんぞく)の靴にあるとされていますが、現在のハイヒールの原型は17世紀に登場しました。太陽王と呼ばれたフランスのルイ14世(1638年 - 1715年)は、身長が160センチほどだったため、その背の低さをカバーするために、好んでハイヒールを履(は)いていました。そしてこれが、当時のファッションリーダーだった男性貴族にも愛用され、流行するようになりました。また、この時代のフラン...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)