Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ガムは、樹液から作られていた?

ガムは、樹液から作られていた?

ガムをかみ続けていると、次第に味と香りがなくなっていき、口の中にゴム状のものが残ります。これは、ガムの元になる「ガムベース」と呼ばれるもので、ガム独特のかみ応えは、このガムベースによるものです。このガムベースは、中南米、東南アジアの一帯に野生し、植物分類学上「アカテツ科」、「キョウチクトウ科」、「クワ科」、「トウダイグサ科」に属する樹木から採取(さいしゅ)される樹液(じゅえき)を煮詰めて作られた植物性...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

オールステンレスの包丁には、手術用メスの技術が応用されていた?

オールステンレスの包丁には、手術用メスの技術が応用されていた?

現在では、さまざまなメーカーからオールステンレスの包丁が発売されています。が、そのさきがけとなったのは、1983年に金属食器の町として知られる新潟県燕市(にいがたけん つばめし)にある吉田金属工業が発売した「GLOBAL(グローバル)」でした。GLOBAL写真は、こちらからお借りしました。この包丁の特徴は、”刀身(とうしん)から柄(え)までがすべてステンレス製の一体構造となっている点で、この構造のおかげで、柄の腐食による抜...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

花火の色は、どうやってつけられている?

花火の色は、どうやってつけられている?

夏の風物詩・花火。夏の夜空を彩(いろど)る花火は、日常の忙しさや問題ごとを一時的ながら忘れさせてくれ、新たな活力を生み出してくれる不思議な存在です。花火には、さまざまな種類があり、一発だけでも色とりどりの光や表情を見せてくれます。が、これらの光の「素(もと)」には、私たちが良く耳にする物質が数多く使用されています。”基本的に、花火は硝酸(しょうさん)カリウムや塩素酸カリウムなどを元につくられた火薬と、こ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変えている?

えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変えている?

エスカレーターは非常に便利な乗り物ですが、速度が非常に重要です。というのは、基本的に万人の乗り物であるため、せっかちな人には遅く、速度を上げれば、お年寄りなどには乗り降りが危険なものとなってしまうからです。このふたつの問題を同時に解決したのが、「変速エスカレーター」です。「エスカレーター」は、ラテン語のScala(階段)と英語のElevator(エレベーター)を組み合わせて作られた言葉です。考案者であるアメリカの...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ドライアイスから立ちのぼる「煙」の正体は、二酸化炭素ではない?

ドライアイスから立ちのぼる「煙」の正体は、二酸化炭素ではない?

スーパーなどで、アイスクリームや冷凍食品などを買ったときにもらえるドライアイスが、二酸化炭素からできているということはご存知の方もいらっしゃることでしょう。それでは、このドライアイスが、どのように作られているかはご存知でしょうか?ドライアイスを作るには、まず、気体である二酸化炭素に圧力を加えて液化(えきか)させます。次に、液体の状態となった二酸化炭素を、急速に大気中に放出します。すると、気化熱(きか...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

歩数計をカバンの中に入れても、正確にカウントできるのは何故?

歩数計をカバンの中に入れても、正確にカウントできるのは何故?

メタボ対策などで、人気が再燃(さいねん)している「歩数計」。万歩計と呼ばれることが多いですが、これは山佐時計計器(やまさ とけいけいき)の登録商標で、一般的な呼称としては歩数計が用いられています。さて、この歩数計は、一歩歩くごとにカウンターがひとつずつ増えていきますが、これはどのような仕組みになっているのでしょうか?古典的な「振り子式」の歩数計は、中に振り子が入っており、一歩歩いて振り子が揺れるたびに...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ポテトチップス用のじゃがいもの皮は、やすりではがしていた?

ポテトチップス用のじゃがいもの皮は、やすりではがしていた?

コンビニやスーパーなどに行くと、定番の味から新製品まで、さまざまなタイプのポテトチップスが並んでいます。これは、それだけたくさんのじゃがいもが使用されているということを意味します。それでは、これら大量のじゃがいもの皮は、どうやってむいているのでしょうか?ポテトチップスを製造する工場では、じゃがいもを水洗いしたあと、回転するドラムの中に投入(とうにゅう)します。このドラムの中には、棒状のやすりがついて...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

電力量計は、「アラゴの円板」の原理を利用している?

電力量計は、「アラゴの円板」の原理を利用している?

屋外に備えつけられている電力量計。良くみると、中で円板がクルクルと回っています。この円板には、どのような意味があるのでしょうか?電力量計は、物理学で有名な「アラゴの円板」と呼ばれる現象を利用しています。アラゴの円板とは、糸でつるされたアルミの円板の下で磁石を回転させると、円板がつられて回転し始める現象のことです。”これが鉄の円板であれば当然磁石の影響を受けますが、磁石とは関係のない、アルミの円板が...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

えっ? 宇宙で作られた日本酒があるって本当?-宇宙を旅した酵母から作られた「土佐宇宙酒」

えっ? 宇宙で作られた日本酒があるって本当?-宇宙を旅した酵母から作られた「土佐宇宙酒」

日本酒の製成量は、1973年(昭和48年)の142万1000キロリットルをピークに下降の一途をたどり、2012年(平成24年)には44万5716キロリットルと、40年前の1/3に減ってしまいました。しかしながら、日本酒の輸出量は2001年から右肩上がりに伸びており、2001年は7052キロリットルだったのが、2012年には1万4131キロリットルと、11年間で約2倍に増加しています。さらには、驚くべきことに、宇宙を舞台にした日本酒造りも進められています。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

宇宙空間では、人は風邪をひかない?

宇宙空間では、人は風邪をひかない?

風邪をひくのは、風邪のウイルスに感染(かんせん)するためです。つまり、風邪のウイルスがなければ風邪をひくことはありません。それでは、宇宙船の中はどうでしょうか?現在、実際に使われている国際宇宙ステーション(ISS)を例にして見てみましょう。まず、宇宙飛行士は、何度も健康診断を受けて健康管理をしています。出発前には隔離(かくり)されて、病気に感染するのを防ぎます。対面できるのは家族だけですが、その家族たちも...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

床に落ちた食べ物は、本当に食べても大丈夫?-「5秒ルール」の真偽

床に落ちた食べ物は、本当に食べても大丈夫?-「5秒ルール」の真偽

Admit it - we’ve all accidentally dropped a tasty snack on the ground and then cited the ‘five second rule’ as a reason to still eat it.(床に落ちてしまった食べ物を、「5秒ルール」を根拠として、食べたことは誰にでもありますよね)But, according to food safety experts, we should think twice about eating anything that’s fallen to the floor - even if it’s just for a few seconds.(しかしながら、食品安全の専...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)

無反射フィルムは、蛾の目の構造をまねたものだった?

無反射フィルムは、蛾の目の構造をまねたものだった?

蛾(が)といえば、夜に街灯の周りをまとわりつくように飛んだり、家の中に入り込んで、電灯の周りを飛び回る姿が良く見られます。そのグロテスクな姿から、人間に嫌われることも多い蛾ですが、実は、その目の構造が人間の暮らしの中で役立てられていることをご存知でしょうか?蛾の目は、弱い光でも感じることができます。そのため、夜でも飛行ができるのです。これは、目にある小さなデコボコが、入ってきた光を効率よく吸収して、...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

なんと! 自動販売機は2000年前からあった?

なんと! 自動販売機は2000年前からあった?

「ここは、ニャンか気持ちいいニャー」今や、全国どこへ行っても、清涼飲料水の自動販売機があるというご時世。その総台数は、日本全国で約250万台といわれます。お蔭で、田舎の風情(ふぜい)もだいぶ失われた感がありますが、近代産業の産物として考えられがちなこの自動販売機が、実は、なんと、2000年以上も前からあったというから驚きです。時は、紀元前215年頃のエジプト。「聖地」としても栄えたエジプトの巡礼(じゅんれい)に...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

クロネコヤマトの不在通知に、ギザギザがついているのは何故?

クロネコヤマトの不在通知に、ギザギザがついているのは何故?

クロネコヤマトの不在連絡票。よく見ると、両側にギザギザがついています。このギザギザには、どのような意味があるのでしょうか?このギザギザは、クロネコヤマトで働いていた芳賀さんという方が企画したアイディアです。視覚障害(しかくしょうがい)をもつ彼女が、同じ目の不自由な友人から、「ポストに入っていた不在票に気づかず、荷物を受け取れなかった」という話を聞いたことがきっかけで生まれました。そしてこのギザギザは...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

スキムミルクと、コーヒーに入れるクリープやブライトなどのコーヒーフレッシュとの違いは?

スキムミルクと、コーヒーに入れるクリープやブライトなどのコーヒーフレッシュとの違いは?

スキムミルクと、コーヒーに入れるクリープやブライトなどのコーヒーフレッシュ。これらは、値段にかなりの開きがありますが、違いは一体何なのでしょうか?まず、スキムミルクは、日本語でいえば「脱脂粉乳(だっしふんにゅう)」。文字通り、牛乳から脂肪分を除去し(無脂肪乳のような形)、これを粉末化したものです。一方、コーヒーフレッシュは、クリープかそれ以外の2種類に分けられます。クリープは、ミルクから作られています...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)