Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ピアノは、ミスチューニングがある方が良い音がする?

ピアノは、ミスチューニングがある方が良い音がする?

ピアノは、内部にある弦をハンマーで叩いて、音を出す構造になっています。鍵盤のひとつひとつには、対応する弦が張ってあり、演奏者が何か鍵盤を弾くと、それに対応する弦が叩かれて音が出ます。が、ほとんどの弦は、1本ではなく、2~3本の弦で構成されています。つまり、ひとつの鍵盤が叩かれて出る音は、一見ひとつの音に聞こえますが、実は、複数本の弦が同時に振動して出る音なわけです。これは、音量を大きくするための工夫...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

料理屋の盛り塩は、「お清め」のためではなかった?

料理屋の盛り塩は、「お清め」のためではなかった?

夕方、お客がやって来る少し前の料理屋の玄関先は、静かで気持ちの良いものです。そこで目につくのは、ちょこんと盛りあげてある塩。夕陽の中に、白く浮き上がって見えます。さて、この塩は、「お清め」のためだと思っていらっしゃる方が多いようですが、どうもそれは違うようです。結論を先に書けば、この塩は、お客がたくさん来てくれるようにという「おまじない」なのです。盛り塩の始まりは、中国の故事に由来昔、中国の皇帝は...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「泡がたくさん出る洗剤の方が強力」ではない?

「泡がたくさん出る洗剤の方が強力」ではない?

スーパーなどに行くと、たくさんの洗剤が並んでいます。それらの中には、泡がたくさん出るから汚れが良く落ちるのだ、といったことを売り文句にしているものもあります。それでは、洗濯をするときに出る泡の量と、汚れを落とす強さとは、本当に比例しているものなのでしょうか?確かに、洗濯をしているときに、泡が少ししか出ない洗剤よりも、たくさん出る洗剤の方が、何となく洗浄力が強いような気がします。が、洗剤というのは、...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)

子供の生まれにくい土地がある?

子供の生まれにくい土地がある?

日本には、4000メートルを超える高山がないためか、高山病はあまり身近な病気ではないかも知れません。高山病は、酸素不足から起こる病気で、主な症状は、頭痛、めまい、息切れなどです。ひどくなると、意識障害が生じます。また、長期間高地で暮らせば、不妊症をもたらします。以下のような話があります。16世紀の半ば頃、アメリカ大陸に渡ってきたスペイン人の一部が、高度4000メートルのポトンという土地に入植したときのことで...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

水道水に塩素を入れない、ヨーロッパのこだわりとは?

水道水に塩素を入れない、ヨーロッパのこだわりとは?

飲み水についての考え方として、アメリカでは、たっぷり塩素を入れて安心できる水をつくる、というものがあります。しかし、この点において、ヨーロッパはまったく逆。塩素などの薬品で水道水を処理するということは、それだけリスク(risk=危険)がともなうことになるので、できる限り、自然に近い形で飲料水を確保しようと考えています。ゴンドラ運河巡り(イタリア)その方法の第一は、塩素消毒をしなくてもすむ良質の原水を確保す...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)

フランスパンはフランスでは何と呼ばれている?-フランスパンの種類と特徴

フランスパンはフランスでは何と呼ばれている?-フランスパンの種類と特徴

フランスパンは、フランスのパリ発祥のパンの総称で、日本では「バゲット」や「バタール」がよく知られています。バゲットフランスパンは、本国フランスでは 「pain traditionnel(パン・トラディスィヨネル)と呼ばれており、多くの種類があります。小麦粉、イースト、塩、水のみを原料とし、バターなどは使わないで焼いたフランス発祥のパンの日本における総称が、フランスパンです。フランスにおいて、ある一種類のパンを指すも...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

酔っているときに怪我をすると、血が止まらない?

酔っているときに怪我をすると、血が止まらない?

「親知らず」を抜いたあとに酒を飲むと、一晩中血が止まらなくなって困ってしまうといいます。また、酔っぱらって怪我をすると、なかなか血が止まりません。これは、何故なのでしょうか?「ちょっと酔っちゃった」普通、血管が破れて血が流れ出すと、破れた部分に赤血球や白血球が引っかかり始めます。するとそこに、血小板(けっしょうばん)がたくさんの繊維状のものを出して、納豆のように血球をからめて、固めてしまいます。それ...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)

実は、宇宙空間には約4000トンのゴミがある?

実は、宇宙空間には約4000トンのゴミがある?

宇宙空間は、まったく何もない空間ではありません。彗星(すいせい)が撒き散らした無数のチリや、小惑星(しょうわくせい)の破片などが散っているのです。これらは、大気圏(たいきけん)に落ちてくると、流星となって燃え尽きます。問題なのは、これまで人間が宇宙に撒き散らしてしまったゴミです。それらの多くは、人工衛星の軌道上に捨てられています。これらを、「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」と呼びます。宇宙ゴミ宇宙ゴミには、使...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

宇宙飛行士を悩ませる「宇宙酔い」とは?

宇宙飛行士を悩ませる「宇宙酔い」とは?

車に乗って気分が悪くなるのが、「車酔い」、船に乗って気分が悪くなるのが「船酔い」ですが、実は、宇宙空間でも、同様の症状が出ることがあります。それが、「宇宙酔い」です。地上のいわゆる「乗り物酔い」の場合には、主に揺れによって耳の奥にある内耳(ないじ)の三半規管(さんはんきかん)や、前庭器官(ぜんていきかん)が混乱することから起こると考えられています。三半規管や前庭器官は、体の平衡(へいこう)をつかさどる重要...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

七草がゆには、もともと「草」は入っていなかった?

七草がゆには、もともと「草」は入っていなかった?

お正月の一月七日には七草がゆを食べますが、おせち料理でもたれた胃にはありがたく、季節感もあってなかなか良いものです。おせち料理しかしながら、この七草がゆ、もともとは草を入れるものではありませんでした。奈良時代には、「七種」とかいてななくさと読み、七種類の穀物のかゆを食べていたのです。その七草のかゆとは、米、大麦、粟(あわ)、小麦、黍(きび)、大豆(だいず)、小豆(あずき)です。それが、平安時代になると、春...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)