Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

神社の鳥居は、何故左側が太くなっている?

神社のシンボルともなっている鳥居ですが、何故これを「鳥居(とりい)」と呼ぶのでしょうか?これには、「通り入る」からの転用であるという説と、「鳥がとまり居る」からの転用であるという説など、諸説あるようです。さて、この鳥居ですが、一見したところ左右対称に作られているようですが、よくよく見れば、神社正面から見て左側の柱が、やや太くなっていることが分かります。写真は、こちらからお借りしました。これは、日本で...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ツルは、何故一本足で立つ?

凍てついた冬の水辺で、立ったまま寝ているツル。日本の題材によく選ばれる構図ですが、とても人間には真似のできないポーズです。目を閉じて一本足で立つといえば、平衡感覚のテストでありますが、人間の場合、わずか数十秒くらいでぐらついてきます。たとえツルであっても、2本足のほうが、安定性が高いであろうにと、誰しも考えることでしょう。が、ツルが立っている環境を考えてみましょう。ものみな凍てつく極寒地なのです。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

OLへの叱言にはご用心?

イタズラ電話というものは、かける方にしてみればそれなりの理由があるのかも知れませんが、普通の人から見れば理解しがたいものがほとんど。この事件も、そんなひとつです。埼玉県浦和市のとある会社に、無言電話がかかるようになりました。多いときには1日200回くらい、出てもすぐに切れてしまうことが多く、つながっていても一言も声を発しません。それも、会社の代表番号にかかってくるので、出ないわけにはいかず、交換手は疲...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

バスケットの中身で決まった判決?

ヨーロッパの中世から近世にかけては、”暗黒の時代”でした。拷問にモノをいわせた自白、魔女裁判、裁判官の横暴と、庶民には多難の時代でした。そんな、ジェームス1世時代のロンドンには、「バスケット判事」なる治安判事がいました。庁舎に連れてこられた被告と原告の手元に、それぞれふたの開いたバスケットを置いたからです。バスケットの中に入れるのは、もちろん判事への心づけ。原告が勝つも被告が勝つも、また有罪になった...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

インチキ・ボナトって、何のこと?

ダンボール箱とトランプ3枚があれば路上でもできる賭博があります。「ボナト」と呼ばれ、パリでは盛んです。勝負は、実に簡単です。3枚のトランプから1人が1枚を引きます。他の2人も、それぞれ持ちカードを選びます。4人目の男が3枚を集めて、ていねいに切ってから、裏返しにしてダンボール箱の上に置きます。ここで、自分の持ちカードがどれかを言い当てるというゲームです。素朴なゲームだけあって、掛け金も子供のお小遣い程度...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

将棋の駒は、何故五角形?

近頃は、親子で将棋を指す風景もめったに見られなくなりましたが、誰もが1度くらいは将棋の駒を手に、遊びに興じた経験があるのではないでしょうか?たとえそれが、回り将棋や、はさみ将棋などであったとしても…。しかし、あの将棋の駒(こま)は、何故五角形をしているのでしょうか?もともと、将棋のルーツはアジア諸国から伝わったとされています。中国は円形、朝鮮は八角形、ビルマやタイなどの東南アジアの国々は、チェスのよう...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

トビの、羽ばたかずに飛べるカタチとは?

トビは、ソアリングという上昇気流などの気流を利用して、羽ばたかずに空を飛びます。一方、羽ばたかない飛び方に、グラインディングというのがありますが、これは羽ばたいて勢いをつけて飛ぶという点で、ソアリングとは異なっています。上昇気流といっても、常に上へ上へと風が吹いているわけではありません。上昇しているのは上昇気泡と呼ばれる、暖かい空気の塊で、トビはこの塊の中を飛びます。このとき、直線上に飛んだのでは...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

お見事! 本物の絵だけを盗んだ芸術家ドロ

大阪に、休日には絵筆をとることを何よりの楽しみにしている開業医がいました。彼は、ふだんから本物の絵をみて、眼力をつけなくてはと、自宅には小磯良平や梅原龍三郎の絵を飾っておきました。もちろん、彼らの作品と一緒に自分の作品も並べ、来客のあるたびに見せては、「ほとんだ見劣りしませんなあ」などといわれて、悦に入っていました。そんな折、この医師のところにドロボーが入りました。そして、飾ってあった絵をごっそり...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)