Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

日本で、裏白のお札が発行されたことがある?

日本で、裏白のお札が発行されたことがある?

我が国で発行されているお札は、紙幣、印刷とも世界一流で、最もにせ札の作りにくい紙幣だと言われています。透かしはもちろん、お札の表面の印刷にも、にせ札が作れないようなさまざまな工夫が表にも裏にも施されています。が、その日本で、かつて一度だけ、裏が真っ白なお札が作られたことがあります。それは、昭和2年3月、時の大蔵大臣片岡直温(かたおか なおはる)の不用意な発言がきっかけとなり、金融恐慌に見舞われたときで...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

なんと! 体が乾燥しても生き続ける小さな虫がいる?-クマムシの神秘

なんと! 体が乾燥しても生き続ける小さな虫がいる?-クマムシの神秘

ドゥジャルダンヤマクマムシの電子顕微鏡写真写真は、こちらからお借りしました。自然界の中には、驚くことに体が乾燥しても数10年にわたって生命を失わない生物が存在します。世界中に広く分布して生息しているクマムシという、体長わずか1mmほどの節足(せっそく)動物は、体の水分がなくなり乾燥してくると、樽(たる)のように丸まって動かなくなります。そして、再び雨などで水分が戻ってくるまで、仮死状態(かしじょうたい)を...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

金箔入りの食品は、本当に健康に良い?

金箔入りの食品は、本当に健康に良い?

以前、金箔入り日本酒などというのが出たと思ったら、金箔寿司から金箔うどん、はては金箔をあしらった和菓子まで登場しました。金箔の飲食は、本当に健康に良いのでしょうか?金箔金の効用として現在分かっているのは、以下の通りです。1.全身の正常化・健常化を促進する2.体内のイオンと反応し、病的な電位を正常化する3.血液中のイオンの流れを促し、血行を良くする4.人体には無害であるこれという決め手はないものの、血行を良...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

紫式部が幻滅した、清少納言の容姿?

紫式部が幻滅した、清少納言の容姿?

紫式部 (土佐光起筆 石山寺蔵)写真は、こちらからお借りしました。平安時代を代表する才女といえば、まず思い浮かぶのが紫式部(むらさきしきぶ)と清少納言(せいしょうなごん)ですね。この2人は、ほぼ同じ時代に活躍しているのですが、清少納言のほうが、紫式部よりも7~8歳お姉さんだったと推定されています。2人はともに時代を代表する才女だったとはいえ、顔を合わせる機会はなかったらしく、紫式部は先輩の清少納言とはどれほ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (2)

* by 清少納言
この話は史実とは言えませんね。確かに、紫式部は日記の消息文で清少納言を誹謗していますが、こんな記述はありません。因みに紫式部より清少納言の方が当時の基準では美人だったと思われます。清少納言の凋落説や誹謗は紫式部日記での批判をもとに鎌倉時代に女性の地位を低く見る風潮のなかで書き残されたものです。

Re:この話は史実とは言えませんね * by Super源さん
清少納言さん、こんにちは。v-410

コメントありがとうございます。
いただいたご意見、参考にさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

鼠小僧の墓前で御用になった万引き男?

鼠小僧の墓前で御用になった万引き男?

鼠小僧といえば、お金持ちから盗んだお金を貧乏人にバラまいた義賊(ぎぞく)として有名で、現代人にも人気があります。今日は、その鼠小僧に関連した面白い話があるのでご紹介します。昭和26年1月29日の深夜、両国、回向院(えこういん)の境内にある鼠小僧のお墓の前で、1人の男がひざまずき、合掌して、何か一心不乱にお祈りをしていました。なにしろ寒中の、しかも時刻は夜中です。「丑の刻参り(うしのこくまいり)じゃあるまいし…...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

プードル犬の刈り方は、水鳥猟のための目印だった?

プードル犬の刈り方は、水鳥猟のための目印だった?

犬を嫌いな人が挙げる理由のひとつに、プードル種の人工的な毛の刈り方があります。確かに、現在愛玩犬となり、大小さまざまな体型のプードル犬が街に氾濫し、あの珍妙なスタイルで歩いているのを見ると、犬の嫌いな人の気持ちも分かるような気がします。さて、プードル犬のあの毛の刈り方ですが、もともとは意味があったのです。プードル種は、元来猟犬で、水鳥猟のエキスパートとして育成され、フランスの貴族の間で流行しました...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

大気圏外で、人工衛星などが出す二酸化炭素はどこへ行く?

大気圏外で、人工衛星などが出す二酸化炭素はどこへ行く?

大気圏外で、人工衛星やミサイルなどが出す二酸化炭素(炭酸ガス)は、最後にはどこへ行くのでしょうか?地球に戻ってくることはあるのでしょうか?大気圏外で放出されたガスは、地球には戻らず、宇宙空間に広がっていきます。大気圏は、地上100Kmほどまでで、ここでの気圧は地上の100万分の1程度です。地上200Kmほどになると、気圧は10億分の1ほどになります。大気圏では、気体は地球の引力の影響を受けますが、大気圏外は超真空状...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

世界最古の広告は、「奴隷を捕まえてくれ!」?

世界最古の広告は、「奴隷を捕まえてくれ!」?

今や広告の時代。どこを見ても広告・広告で、広告のない世界は考えられません。ところで、広告の現物として現在まで残されている最古のものは、エジプトのテーベ王国時代(紀元前16~10世紀ごろ)の都の遺跡から発見された、パピルスで作られたチラシといわれています。その内容は、「奴隷が逃げたので捕まえてください。この奴隷は、ヒッタイト人で、身長4フィート5インチ、赤ら顔をしています。捕まえてきてくれた人には、お礼とし...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ルイ14世は、華麗に舞うバレリーナだった?

ルイ14世は、華麗に舞うバレリーナだった?

バレエの歴史をひもといてみると、始まりであるとされる16世紀末ごろから17世紀の末ごろまでは、日本の歌舞伎のように男性のダンサーだけで上演されていたことが分かります。そのころのバレエは、今のように簡素化された舞台や衣装ではなく、宮廷でスペクタクルショーのように演じられていました。また、当時のバレエは、かなり芝居がかったもので、オペラの舞台に舞踏が加えられたような形態でした。衣装も今のようなシンプルなも...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)