Super源さんの雑学事典

【驚愕!】 暗示にかかって死んだ死刑囚がいた!-かつてスイスで行なわれた恐怖の暗示実験

【驚愕!】 暗示にかかって死んだ死刑囚がいた!-かつてスイスで行なわれた恐怖の暗示実験

暗示には、人の命をも奪う力があることをご存知ですか?今日は、この話を書いてみたいと思います。かつてスイスで行なわれた、心理学と医学の教授による暗示実験かつて、スイスのジュネーブで、1人の囚人が、どうせ処刑されるのだから実験の役に立って死にたい、と申し出ました。そこで、心理学と医学の教授は、暗示の力を試そうと、その死刑囚に局部麻酔(きょくぶますい)をしたうえで、「これからある手術をするが、かなり出血...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

ギョーザの皮とシューマイの皮の違いは?

ギョーザの皮とシューマイの皮の違いは?

スーパーなどに行くと、ギョーザの皮とシューマイの皮が並んでいたりしますね。形を見ると、ギョーザの皮が四角で、シューマイの皮は丸です。形さえ気にしなければ、どちらでも使えるのではないかと思えますが、実はそうはいかないのです。というのは、肝心要の皮の材料が微妙に違っているからです。まず、シューマイの皮ですが、こちらは強力粉(きょうりきこ)だけで作られています。一方、ギョーザの皮の方は、強力粉のほかにもち...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (0)

クジラの胃袋から救出された男がいた?

クジラの胃袋から救出された男がいた?

マッコウクジラにガブリと飲み込まれた男が、その後胃袋の中から救出されたという話があるのでご紹介します。1891年に、イギリスでマッコウクジラにガブリとのみ込まれた男が無事救出された1891年、イギリスの捕鯨船が、南アフリカのフォークランド諸島沖で、マッコウクジラの捕獲作業をしていました。そのとき、クジラの尾の一撃を受け、海中に放りだされた乗組員の1人が行方不明になりました。間もなく、そのクジラはとどめをさ...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

【奇怪!】 イギリスで起こった「吸血鬼殺人事件」の真相は?

【奇怪!】 イギリスで起こった「吸血鬼殺人事件」の真相は?

日本人には、ちょっとピンとこないですが、西洋人には吸血鬼を恐れる気持ちが根強く残っているようです。かつて、そんな西洋、具体的にはイギリスで「吸血鬼殺人事件」なるものが起こったことがあります。しかして、その真相は…?奇怪! イギリスで起こった「吸血鬼殺人事件」1973年(昭和48年)8月のある朝、イギリスのストーク・オン・トレントで、ミキウスというポーランド系の男が死んでいました。男の喉にはニンニクが詰まっ...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

人間は洞窟の中でも暮らせるのか? NASAが実験! その結果は、…?

人間は洞窟の中でも暮らせるのか? NASAが実験! その結果は、…?

人間は、洞窟のような光のない場所でも生きられるのでしょうか?これに関して、興味深いデータがあるのでご紹介します。地上で生きる人間は洞窟の中でも暮らせるのか? 以前、アメリカのNASAで、宇宙時代に向けての資料とするため、外界から遮断された空間での生活が、人間の体にどのように影響するのかを調べるため、洞窟に人間を閉じ込めるという実験が行なわれました。この実験にチャレンジしたのは、27歳のイタリア人女性。こ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ミッキーマウスは、ウォルト・ディズニーの部屋にいたネズミだった?

ミッキーマウスは、ウォルト・ディズニーの部屋にいたネズミだった?

ディズニーランドの看板と言えば、ミッキーマウス。ミッキーマウスは、今や世界中の子供たちのアイドル、永遠のキャラクターといっていいでしょう。写真は、こちらからお借りしました。さて、この可愛いキャラクターを、アニメ映画の主人公として世に送り出したのは、もちろんウォルト・ディズニー(Walt Disney、1901年 - 1966年)ですが、それではミッキーマウスは、どういうきっかけで生まれたのでしょうか?ウォルト・ディズニー...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

えっ? 石器人は1キロ先のささやき声も聞こえた? - 一方、退化し続ける現代人の聴力

えっ? 石器人は1キロ先のささやき声も聞こえた? - 一方、退化し続ける現代人の聴力

iPodなどの携帯音楽プレーヤーで、大音量で音楽を聴き続けている若者に、難聴が増えてきているというデータがあります。耳の能力については、実はまだよく分かっていないことも多いのですが、ひとつだけはっきりいえるのは、現代社会に生活する私たちの耳の能力は、確実に退化してきているということです。石器人は、1キロ先のささやき声も聞こえたアメリカの聴覚学者ローゼン博士が、以前アフリカのスーダンとエチオピアの国境に...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

えっ? サラ・ベルナールは、頭蓋骨をアクセサリーにしていた?

えっ? サラ・ベルナールは、頭蓋骨をアクセサリーにしていた?

広い世界には、いろいろな人がいるものですが、フランスの大女優サラ・ベルナールは、驚くなかれ、人間の頭蓋骨をアクセサリーにしていました。サラ・ベルナールは、葬式や屍体に関係のあるものが大好きだったサラ・ベルナール(Sarah Bernhardt (1844-1923))といえば、往年のフランスの大女優ですが、サラ・ベルナールと親しかった女優のマリー・コロンビエによれば、この大女優は葬式や屍体に関係のあるものが大好きで、パリの医...

... 続きを読む

* Category : 世界の奇人・怪人

Comment-open▼ * Comment : (0)

バターはもともと塗り薬だった? - 古くて新しい食用としてのバターの歴史

バターはもともと塗り薬だった? - 古くて新しい食用としてのバターの歴史

今やバターといえば、パンにつけるものというのが常識でしょう。しかしながら、このバターはもともと塗り薬だったということをご存じですか?バターはもともと塗り薬だった今日、パンにつけて食べるもので欠かせないものといったら、そのひとつはバターでしょう。が、バターはもともと遊牧民(ゆうぼくみん)の食べ物でした。歴史の本をひもとくと、紀元前2000年頃にはインドでも作られたという記録があります。また、旧約聖書の中に...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「おじゃんになる」のおじゃんって何? - 昔、火事の時に打った半鐘の音から

「おじゃんになる」のおじゃんって何? - 昔、火事の時に打った半鐘の音から

進行していたことが、途中でダメになってしまうとき「おじゃんになる」といいますが、このおじゃんは何から来ているのでしょうか?「おじゃん」は、昔、火事の時に打った半鐘の音に由来この「おじゃん」は、半鐘(はんしょう)の音から来ています。最近では、やぐらの上にかかった半鐘など、まず見かけなくなりましたが、昔は、火事のときにこの半鐘が大活躍をしていました。半鐘写真は、こちらからお借りしました。その半鐘の叩き方...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)