Super源さんの雑学事典

えっ! 乾杯は古代ギリシャで「毒殺防止」のために始められたものだった?

えっ! 乾杯は古代ギリシャで「毒殺防止」のために始められたものだった?

シェークスピアの名作「ハムレット」で、ハムレットの義父の王がしかけた毒杯を、ハムレットの実母でもある王妃が、息子の身代わりになって飲み、死んでしまうというシーンがあります。飲み物に毒をしかけるというのは、長い歴史のある殺人方法だったようです。乾杯は、古代ギリシャで毒殺防止のために始まった宴席に乾杯はつきものですが、誰かの健康のために乾杯するという習慣は、紀元前6世紀のギリシャに始まりました。ところ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「合成洗剤」は第一次世界大戦の産物だった? - ひょうたんから合瀬洗剤

「合成洗剤」は第一次世界大戦の産物だった? - ひょうたんから合瀬洗剤

戦争というと、良いイメージがないのが普通ですが、時にはひょんなことから役立つものを生み出したりもしています。そのひとつが合成洗剤です。合成洗剤は、第一次世界大戦の産物だった1890年代に合成洗剤ができるまでは、もっぱら石鹸が使われていました。この石鹸は、紀元前600年にフェニキア人がヤギの脂肪と木の灰を混ぜてつくって以来、常に脂肪が材料でした。ところが、第一次世界大戦のドイツでは、連合軍の封鎖で天然油脂...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「あっという間」の「あっ」は、75分の1秒だった?

「あっという間」の「あっ」は、75分の1秒だった?

よく、「あっという間の出来事だった」などといわれますが、この「あっ」は、一体どのくらいの長さになるのでしょうか?「あっという間」の「あっ」は、75分の1秒だったごく短い時間にかかわるものを、ちょっと集めただけでも、この「あっという間」のほか、「一瞬」、「瞬時」、「瞬く間」、「咄嗟(とっさ)」、「束の間」などがありますね。言葉に目盛りがついているわけではないし、そんなものは計りようがないといわれるかも知...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

フーテンの寅さんは、ハブに噛まれて一度死んだ!? テレビから映画へ 山田洋次監督の決断!

フーテンの寅さんは、ハブに噛まれて一度死んだ!? テレビから映画へ 山田洋次監督の決断!

今は亡き渥美清(あつみ きよし)の演じた笑いあり、涙ありの下町人情を描いた「男はつらいよ」シリーズ。国内のみならず海外でも有名となり、日本映画の代名詞とまでいわれるようになったこの作品ですが、もともとはテレビドラマだったことは案外知られていません。そして、このドラマの終了時、一悶着(ひともんちゃく)がありました。 テレビドラマ終了後、「何故寅さんを殺したのか!」とブーイングの嵐が!さて、このドラマの...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

パトカーの色は、何故白と黒?

パトカーの色は、何故白と黒?

全国どこでも、パトカーの色は白と黒。ドライバーなら誰でも、自分の車の数台前を白と黒の車が走っているのを見て、ドキッとしたことがあるはずです。さて、パトカーが本格的に導入されたのは昭和25年のことですが、当時の配色は白と黒ではなく、シルバーグレーでした。現在の配色になったのはその5年後の昭和30年のことで、昼でも夜でも、また遠くにあっても、他の車より目立ち、特異性が感じられる色ということで、白と黒の2色に...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

鎌倉の大仏が、もしも立ち上がったら何メートル?

鎌倉の大仏が、もしも立ち上がったら何メートル?

古都鎌倉には、全国的に有名な鎌倉の大仏が鎮座(ちんざ)しています。これは座像なので、座ったままの高さしか分かりませんが、座った高さは11.47メートルです。さて、それではもしもこの大仏が立ち上がったら、一体どのくらいの高さになるのでしょうか?鎌倉幕府編纂の『吾妻鏡(あずまかがみ)』に、「金銅(こんどう)八丈の大仏、鋳造(ちゅうぞう)を始む」と記されています。これは、立像としての高さですが、1丈は約3メートルなの...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

日本人は4世紀にはかき氷を食べていた? - かき氷は既に仁徳天皇の時代にあった

日本人は4世紀にはかき氷を食べていた? - かき氷は既に仁徳天皇の時代にあった

7、8月の暑さは、かき氷への郷愁をそそりますね。かき氷は、日本人にとって、夏の風物詩といっていいと思います。さて、このかき氷ですが、一体いつ頃からあるのでしょうか?かき氷は、既に仁徳天皇の時代にあったかき氷の歴史は意外と古く、既に仁徳天皇の時代にあったことを、能楽の『氷室(ひむろ)』や『日本書紀』は伝えています。江戸時代になると、江戸城の年中行事の中に、旧暦6月1日(新暦7月中旬)は「富士氷室御祝」という...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

結婚式の祝膳に、よく「ハマグリ」が出るのは何故?

結婚式の祝膳に、よく「ハマグリ」が出るのは何故?

和式の結婚式の祝膳には、必ずといっていいほど「蛤吸(はますい)」、つまりハマグリの吸い物がつきます。何故、「ハマグリ」なのでしょうか?結婚式の祝膳に、よく「ハマグリ」が出るのは何故?ハマグリは、遠浅の海に生息する二枚貝で、その形がクリに似ているところから、「浜の栗」といわれ、それが縮まって「ハマグリ」と呼ばれるようになりました。このハマグリの2枚の殻は、どんなにたくさん集めてみても、元の一対でなけれ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

日本最初の水道の蛇口は、ライオンだった?

日本最初の水道の蛇口は、ライオンだった?

『掃部山(かもんやま)公園』の水飲み場にあるライオン蛇口蛇口をひねれば、水が出るのは今や当たり前のことですが、日本の水道は、できてからやっと100年ちょっとが経過したに過ぎません。ところで、水道の蛇口は、何故「蛇」なのでしょうか?1887年、国産の地下水道第1号が横浜に開設されました。開設当初は、まだ各家庭には水道管は来てはおらず、人々は道路の端に設けられた共用栓から水の供給を受けていました。この共用栓は...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)