Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「三才」とは?

「三才」とは?

調和三才とは、宇宙を構成する三つの要素のことで、「天・地・人」からなります。三才は、天と地と人、つまり宇宙にあるすべてのものが調和している状態を表わす言葉です。人間は本来、天地自然と対立し、これを征服するのではなく、調和する存在なのです。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

現金書留封筒強奪事件発生?

現金書留封筒強奪事件発生?

水と安全はタダ、と言われる日本ですが、以前は刑事物語や西部劇さながら、郵便配達人も短銃を携行している時代がありました。郵便制度発足後まもなくの1873年(明治6年)12月15日のこと、甲府郵便局から輸送中の郵便配達員が強盗に襲われ、書留の現金が強奪されるという事件が起こりました。この事件以後、郵便配達員は、六連発短銃の携行を許されることになりました。郵便強盗は、今では通用しない犯罪ですが、この事件は迷宮入...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

切れた電池で急場をしのぐには?

切れた電池で急場をしのぐには?

電池は、予告なく切れるものです。例えば、スポーツ中継などのいいところでラジオの電池が切れたりすると、忌々しいものです。このようなとき、あわてて電気屋に走らなくても、ほんの少しの合間であれば、急場をしのぐ方法があります。それは、その電池を温めてやることです。温め方は問いません、手でこする、体温で温めるなど、いろいろとやり方はあると思います。するとあら不思議、もう一度切れた電池にパワーが戻ってきます。...

... 続きを読む

* Category : お役立ち情報

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

「ポリアンナ症候群」とは?-語源も紹介

「ポリアンナ症候群」とは?-語源も紹介

ポリアンナ症候群とは、現実の苦痛や苦悩を見ようとせず、現状に甘んじようとすることで、現実逃避を意味する心理学用語です。常に前向きに考えるポジティブな考え方も、それが行き過ぎれば、「○○でなくって良かった」というように、常に現状よりも下を見て満足し、上を見ようとしない現実逃避となってしまいます。ポリアンナ症候群は、父を亡くして孤児となったポリアンナが、どんなに苦しい状況にあっても、父親の教えである「よ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

冷蔵庫の中から、現金200万円出現?

冷蔵庫の中から、現金200万円出現?

1988年5月、アメリカのミズーリ州で、サラ・ボナールという77歳の女性が病死しました。遺族は、早速彼女の遺品を整理し、その中のひとつの冷蔵庫を地元の救世軍に寄付しました。さて、身辺整理がすんで落ち着きを取り戻した遺族のところに、救世軍から電話がかかってきました。話を聞いてみると、なんと、寄付した冷蔵庫の中から現金が出てきたというのです。その金額は、約1万5000ドル(200万円くらい)で、ビニール袋に入れられ...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

スピード違反を激減させた、粋なアイディアとは?

スピード違反を激減させた、粋なアイディアとは?

車社会には、スピード違反がつきものですね。しかも、その違反スピードは年々大きくなるばかり。西ドイツのフライブルグという町でも、やはりラッシュアワー時のスピード違反に悩まされていました。裏通りに入った車が、ここぞとばかりに突っ走るのです。しかし、それらの車を一台一台捕まえていてもきりがありません。そこで、当局は、ユニークなスピード違反取締り法を考えました。センターラインはそのまま残し、道路に木を植え...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

「石に蒲団は着せられぬ」とは?

「石に蒲団は着せられぬ」とは?

石塔石は、石塔・墓石の意味です。「石に蒲団(ふとん)は着せられぬ」とは、「死んで墓石になってからでは、蒲団を着せるわけにもいかない、生きているうちにいたわるべきだ」という意味のことわざです。特に、親孝行の大切さ、また十分に親孝行ができないうちに親が死んでしまった後悔の気持ちを表わしたいときに使われます。似たような意味をもつことわざに、「孝行をしたい時分に親はなし」があります。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

世界初、究極のガラス製CDの音質は?

世界初、究極のガラス製CDの音質は?

2006年10月、エヌ・アンド・エフ社とトエミ・メディア・ソリューションズ社の共同開発した「ガラス製」のCD、「Extreme Hard Glass CD」が発売されました。1枚98,700円という、その驚きの価格もあり、テレビや新聞でも取り上げられ、話題となりました。試聴した音楽評論家からは、実際の演奏通りに聞こえると、驚嘆の声が上がっています。その後も、オーディオマニアの間では、音質に関する議論が交わされています。「Extreme Hard...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「頭取」の語源は?

「頭取」の語源は?

頭取の語源は、江戸時代、歌舞伎の興行で楽屋を取り仕切った人のことを指しました。頭取は「音頭取り」のことで、雅楽の管楽器の主席演奏者を指していました。1869年(明治2年)、銀行の前身である「為替会社」が設けられたとき、出資者の代表を「頭取」と呼んだことから、銀行の代表者として業務の執行にあたる人のことを「頭取」と呼ぶようになりました。が、信託銀行の多くでは、「頭取」と呼ばず、一般の会社と同じく「社長」...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

「ギネスブック」とは?

「ギネスブック」とは?

ギネスブックとは、ロンドンのビール会社、 ギネス社(Guinness) の子会社「ギネス・ワールド・レコード社」が発行している、さまざまな分野の世界一を掲載している本です。ギネスブックは、1951年(昭和26年)に、ロンドンのビール会社の社長が、記録を集めた本の出版を思いついたのがきっかけで生まれました。社長が刈りをしているとき、鳥を撃ちそこない、その鳥が一番速い猟鳥かどうか知りたくなって調べたが分からなかった、と...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「ケミカルピーリング」とは?

「ケミカルピーリング」とは?

ケミカルピーリング(chemical peeling)とは、皮膚に化学薬品を塗り、剥がすことによって行なう治療・美容法のことです。皮膚に障害を与える液体を塗り、角質や表皮、さらには真皮までをも化学的に溶かすことで、新しい皮膚の再生を促し、病変を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻したりすることができます。ケミカルピーリングは、広く欧米で、主に美容目的で行なわれてきましたが、近年日本にも導入され、多くの施設(エ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)