Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

看守に追い出された、ヘンな囚人がいた?

世の中には変わった人がいるものですが、18世紀のイギリスにいたロバートソンというスコットランドの地主もその1人でした。どのように変わっているのかといえば、彼は、進んで監獄(かんごく)に入りたがるという変人だったのです。彼は、名誉革命で国を追われたジェームス2世を、再び王位につかせたいと願う、熱心な活動家でした。そして、スチュアート王家のために役立つことを何よりの喜びとしていました。一説によれば、彼は反逆...

... 続きを読む

* Category : 世界の奇人・怪人

Comment-open▼ * Comment : (0)

阿呆列車の食堂車を独占した内田百聞?

どの世界にも変わった人間はいるものですが、文学の世界にも一風変わった性癖の持ち主がいます。夏目漱石門下の小説家、内田百聞(1889~1971)はその最たる1人でしょう。例えば、借金をしに行くときにもわざわざ正装し、借りる金額以上の車代をかけて先方へ乗りつけたという有名な話があり、これひとつをとっても、いかに変人であったかがうかがえます。また、内田百聞には、大変人を食ったところがあり、一緒に列車で旅をした写真...

... 続きを読む

* Category : 世界の奇人・怪人

Comment-open▼ * Comment : (0)

5発の銃弾を受けても死ななかったラスプーチン

毒を盛られた上に、5発もの銃弾を浴びても、なお息絶えなかった驚くべき怪人がいます。革命前夜のロシア宮廷で、権力をふるった祈とう師のグリゴーリ・エフィモーヴィッチ・ラスプーチン(1872~1916年)がその人です。彼を殺害したユスポフ公爵によれば、ラスプーチンは、彼を毒殺しようと公爵が申し出た青酸カリ入りのお菓子を残らず食べ、続いて毒入りワインを飲まされても平然としていたといいます。そこで、公爵はピストルでラ...

... 続きを読む

* Category : 世界の奇人・怪人

Comment-open▼ * Comment : (0)

何でも世界一を実現したハワード・ヒューズ?

「私の第1の目標は世界一のゴルファーになること。第2は一流の飛行家になること。第3は世界一の映画プロデューサーになることだ」まるで誇大妄想狂のようなことを宣言し、なんと、第1の目標以外は実現してしまったのが、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズです。ハワード・ヒューズは、自身が制作した『ヘルスエンジェル』という映画の撮影中、超低空飛行をいやがったパイロットに代わって、自ら操縦。ところが、誤って地上に激突...

... 続きを読む

* Category : 世界の奇人・怪人

Comment-open▼ * Comment : (0)

サラ・ベルナールは、頭蓋骨をアクセサリーにしていた?

サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt (1844-1923))といえば、往年のフランスの大女優ですが、サラ・ベルナールと親しかった女優のマリー・コロンビエによれば、この大女優は葬式や屍体に関係のあるものが大好きで、パリの医学校の周囲を歩き回っては、どこからか人間の頭蓋骨を1ダースほど入手してきて、それをルーム・アクセサリーにしては得意がる奇人であったといいます。また、わざわざ葬儀屋に、黒檀(こくたん)と銀製の豪華な棺...

... 続きを読む

* Category : 世界の奇人・怪人

Comment-open▼ * Comment : (0)