Super源さんの雑学事典

なんと、落しぶたが落ちず死刑執行を免れた男がいた! - 処刑台から蘇った不死身の男リー

なんと、落しぶたが落ちず死刑執行を免れた男がいた! - 処刑台から蘇った不死身の男リー

1884年(明治17年)のこと。殺人の罪で、絞首刑(こうしゅけい)の判決を受けた男リーの処刑が、いまや行なわれようとしていました。準備万端(じゅんびばんたん)整い、いよいよ処刑ということになりました。頭にフードをかぶせられたリーが、ゆっくりと処刑台に連れてこられます。監視員も見守る中、死刑執行人の手によって、リーの首に縄が巻かれ、ついに処刑装置のレバーがグイッ!と引かれました!…処刑台から蘇った不死身の...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

なんと! 商品券を使って2億円を横領した男がいた! - 金券地獄の罠にハマった男

なんと! 商品券を使って2億円を横領した男がいた! - 金券地獄の罠にハマった男

お金に困ると、いろいろな捻出(ねんしゅつ)方法を考えるものです。その男が考えたのは、商品券を使った方法でした。なんと! 商品券で2億円を横領した男がいた!その男は、某FM局の幹部職員でした。商品相場で儲(もう)けた味が忘れられず、その後も続けていましたが、赤字が続いたため、金策(きんさく)を考えました。その方法というのが、都内5つの一流デパートへ行き、「会社用に」と偽(いつわ)って商品券を購入すること...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

突然、大都会に「ポンポコ!」とタヌキが出現! 警察を巻き込んで大騒ぎ!

突然、大都会に「ポンポコ!」とタヌキが出現! 警察を巻き込んで大騒ぎ!

タヌキが出現と聞くと、人気のない田舎道や山の中などを想像するかと思います。が、このタヌキは、なんと、大都会東京の杉並区に出現したのです!杉並区にタヌキが出現して大騒ぎ!東京都杉並区の、とある住宅街での出来事。ある晩、暗い夜道を帰宅途中のサラリーマンが、千鳥足(ちどりあし)で家路に向かっていると、ふと何かが足にゴツンと当たり、取り敢えず「格闘」となりました。明るい所に引き出して見ると、なんとそれは体...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

【バイリンガル】ニセ通報男の夢見たものは? - 子供のときの夢を、大人になってから無理やり叶えようとした男(What did the phony reporting man dream of? -A man who tried to force his childhood dream to come true as an adult.)

【バイリンガル】ニセ通報男の夢見たものは? - 子供のときの夢を、大人になってから無理やり叶えようとした男(What did the phony reporting man dream of? -A man who tried to force his childhood dream to come true as an adult.)

誰しも子供のときに、パイロットになりたいとか消防士になりたいとか夢見たことがあると思います。その夢を、大人になってから無理やり叶えようとした男がいます。We have all dreamed of being a pilot, a firefighter, et cetera, when we were children.There is a man who tried to force his dream to come true after he became an adult.子供のときの夢を、大人になってから無理やり叶えようとした男がいた(There was a ma...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

ルソーは、女性に「お尻を叩いて!」といって警察にしょっぴかれたことがある?

ルソーは、女性に「お尻を叩いて!」といって警察にしょっぴかれたことがある?

フランスの哲学者ルソーは、かつて女性に「お尻を叩いて!」といって警察にしょっぴかれたことがあります。今日は、この話を書いてみたいと思います。ルソーってどんな人?ルソージャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712年 - 1778年)は、フランス語圏ジュネーヴ共和国に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家です。『学問芸術論』『人間不平等起源論』『社会契約論』などを著(あらわ)し、フ...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

通学カバンはお金でいっぱい? - ある「苦学生」の財テク生活

通学カバンはお金でいっぱい? - ある「苦学生」の財テク生活

今や「苦学生(くがくせい)」という言葉は死語になりつつありますが、こんな新種の苦学生もいます。それは、千葉県船橋市の会社役員から、現金83万円をスリとった20歳の学生です。警察が、彼の通学カバンを調べたところ、800万円の株券に210万円の貯金通帳、そのうえ彼が借りていた銀行の貸金庫からは700万円分の投資信託(とうししんたく)……と、計4800万円相当の”財産”が見つかったのです。彼の盗みのそもそもの動機(どうき)は、”学...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

男がナンバープレートを盗んだしょーもない理由とは? - 縁起かつぎもほどほどに

男がナンバープレートを盗んだしょーもない理由とは? - 縁起かつぎもほどほどに

世の中には、たくさんの人がいて、いろいろな趣味をもった人たちがいます。趣味は、時代とともに変わっていくものですが、現在は在宅ワーク、一人旅、バイクなどが人気があるようです。人気の趣味ランキングベスト5順位趣 味1.在宅ワーク2.一人旅3.バイク(オートバイ)4.神社・仏閣めぐり5.自転車(サイクリング)心理学出典:http://www.syumisaga.com/list/ranking/all_1.html趣味に没頭(ぼっとう)熱中し、それを極めようとするの...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった? - 昭和56年に茨城県水戸市で起こった詐欺事件

推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった? - 昭和56年に茨城県水戸市で起こった詐欺事件

かつて、推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があったことをご存じですか?推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった推理小説のトリックには、人間の盲点をついたものが多いですが、中には法律の盲点をついたものもあります。森村誠一(もりむら せいいち)の小説・「凶水系(きょうすいけい)」もそのひとつですが、昭和56年に茨城県水戸市で起こった詐欺(さぎ)事件は、なんと、この小説に書かれているトリッ...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

「希代の超能力者」として登場した三田光一は、いかにしてバケの皮をはがされたか?

「希代の超能力者」として登場した三田光一は、いかにしてバケの皮をはがされたか?

かつて、福来友吉(ふくらい ともきち)博士という人物がいたのをご存知でしょうか?元東京帝国大学(現:東京大学)教授で、日本で最初に超能力をマジメに研究した学者です。福来友吉 博士その福来博士が、明治の終わりに、「この男こそ稀代(きたい)の超能力者だ」と折り紙をつけた人物がいました。「稀代の超能力者」として登場した三田光一は、実は詐欺師だったその人物の名前は、三田光一。三田は、鹿児島湾に沈没(ちんぼつ)してい...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

連続27回も黒の目を出し続け、誰もが啞然としたルーレットの目! - モンテカルロのカジノで起こった歴史に残る大珍事

連続27回も黒の目を出し続け、誰もが啞然としたルーレットの目! - モンテカルロのカジノで起こった歴史に残る大珍事

ルーレットで、赤が出るか黒が出るかは、それぞれ50%の確率です。しかしながら、1913年(大正2年)、モナコはモンテカルロのカジノで起こった大珍事は、その場に居合わせた人すべてを啞然(あぜん)とさせ、ギャンブラーたちのサイフをすっからかんにしました。それは、黒の目が15回も続けて出たことから始まったそれは、黒の目が15回も続けて出たことから始まりました。まわりのギャンブラーは、もうそろそろ赤が出る頃と、先を争う...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)