Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ドラえもんは、製造工程でできた不良品だった?-ドラえもん誕生秘話

ドラえもんは、製造工程でできた不良品だった?-ドラえもん誕生秘話

写真は、こちらからお借りしました。ドラえもんは、未来のロボット工場、マツシバロボット工場で生まれました。ドラえもんは本来、子守用ロボットとして作られた大量生産(たいりょうせいさんひん)で、もともとは現在私たちが親しんでいる姿とはずいぶん違った、黄色いボディーで耳のある姿をしていました。生まれたときのドラえもんある日のこと、工場でこの子守用ロボット・ドラえもんを大量生産中に、ひょんなことから、1台のロ...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

「サザエさん」の登場人物が「海産物」になったそもそもの理由とは?

「サザエさん」の登場人物が「海産物」になったそもそもの理由とは?

写真は、こちらからお借りしました。「サザエさん」は、日本初の女性プロ漫画家として知られる、佐賀県出身の長谷川町子(はせがわ まちこ、1920年 - 1992年)の作品です。長谷川町子は、1946年(昭和21年)に、夕刊「フクニチ」から4コマ漫画の連載を依頼されましたが、このとき、当時住んでいた福岡県西新(ふくおかけん にししん)の自宅近くの百道浜(ももちはま)を散策(さんさく)しながら、どのようなマンガにするか、その構想を練り...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

「サザエさん」のエンディングテーマは、2番だった?

「サザエさん」のエンディングテーマは、2番だった?

写真は、こちらからお借りしました。「♪大きな空を~眺(なが)めたら~ 白い雲がとんでいた~♪」休日の終わりを告げる、サザエさんのエンディングテーマですが、実は、これは1番ではなく2番だったのです!それでは、1番を使わなかったのは何故なのでしょうか?その理由は、1番の歌詞が、アニメの内容とマッチしなかったからです。1番の歌詞は、「♪2階の窓を開けたらね~ 朝の光がさしこんだ~♪」で始まります。これは、おかしいで...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

アンパンマンの世界には、人間は1人もいない?

アンパンマンの世界には、人間は1人もいない?

写真は、こちらからお借りしました。はやなせたかし原作の「アンパンマン」。パン作りの名人・ジャムおじさんが作った最高傑作(さいこうけっさく)で、正義(せいぎ)のためには、どんな困難(こんなん)も乗り越えて大活躍(だいかつやく)する、かわいいスーパーヒーローです。アンパンマンは、子供たちに絶大(ぜつだい)な人気のある国民的キャラクターのひとつで、小説と共に「それいけ!アンパンマン」のタイトルでテレビアニメ化され...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

ドラミちゃんに耳がない、その泣ける理由とは?

ドラミちゃんに耳がない、その泣ける理由とは?

写真は、こちらからお借りしました。ドラえもんには耳がありませんが、 妹のドラミちゃんにも耳がありません。 実は、ここには深い理由があります。ドラミちゃんには、一見耳があるように見えます。が、これは、耳の形をしたリボンなのです。 ドラミちゃんに何故耳がないのか、それを説明するためには、まず、ドラミちゃんが何故生まれたのかを知る必要があります。あるとき、ドラえもんが、ネズミに耳をかじられて失い、それまで...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

ドラえもんは、もともと黄色かったって本当?

ドラえもんは、もともと黄色かったって本当?

写真は、こちらからお借りしました。「ドラえもん」は、藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年 - 1996年)原作の少年漫画・SF漫画、ギャグ漫画で、22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、何をやっても失敗する小学生「野比のび太(ひの のびた)」が繰(く)り広げる、ちょっぴり不思議な日常生活を描(えが)いた作品です。一話完結(いちわかんけつ)のストーリーで、「ド...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

オバケのQ太郎は、ジャンケンでチョキが出せるって本当?

オバケのQ太郎は、ジャンケンでチョキが出せるって本当?

藤子不二雄(ふじこ ふじお)の人気漫画・「オバケのQ太郎」の主人公、Q太郎。 頭のてっぺんに毛が3本、大きな目と口が特徴の、愛嬌(あいきょう)のある顔立ちのオバケ。 大食いで、間抜けだけど、気のいい性格。透明になって、壁を通り抜けたりすることはできますが、オバケ族の能力としての変化術は下手で、靴にしか変身できません。ところが、このQ太郎、なんとジャンケンでチョキを出すことができるのです!竹書房文庫の「おそ松...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

ドラミちゃんの本職は大学教授って本当?

ドラミちゃんの本職は大学教授って本当?

子供から大人まで、幅広い層(そう)から今なお根強い支持を受けている藤子・F・不二雄のアニメ・「ドラえもん」。その主人公の妹であるドラミちゃんは、真面目(まじめ)でしっかり者です。一部では、ドラえもんよりも優秀だという噂(うわさ)も……。さて、のび太君といつも一緒にいるドラえもんと違って、ドラミちゃんはふだん何をしているのか、ご存知ですか?写真は、こちらからお借りしました。正解は、「大学教授」です。ドラミち...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

オバケのQ太郎は、何故犬が苦手?

オバケのQ太郎は、何故犬が苦手?

ごく普通の家庭に住み着いた、1匹の間の抜けたオバケが引き起こすドタバタを描いた、藤子不二雄(藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄)とスタジオ・ゼロによるギャグ漫画・『オバケのQ太郎』。この『オバケのQ太郎』で、主人公のQちゃん、ことQ太郎は犬が苦手です。いつも犬を見ると、青くなってあたふたと逃げ回っていますが、これは何故なのでしょうか?あまり知られていませんが、実は、この漫画ではQ太郎だけが犬が苦手というわけ...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

「ひみつのアッコちゃん」の変身のときの呪文「テクマクマヤコン」は、実は原作にはなかった?

「ひみつのアッコちゃん」の変身のときの呪文「テクマクマヤコン」は、実は原作にはなかった?

写真は、こちらからお借りしました。赤塚不二夫の少女漫画、「ひみつのアッコちゃん」では、アッコちゃんが変身するときに「テクマクマヤコン」、元に戻るときに「ラミパスラミパス…」という呪文を唱えます。が、この2つの呪文は、第1回のアニメ化の際に、新たに考えられたもので、実は原作にはありませんでした。これらの呪文の意味と、どのようにしてつくられたかについては、以下のページをご参照ください。「ひみつのアッコち...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

はじめちゃんが最初にしゃべった言葉は何?

はじめちゃんが最初にしゃべった言葉は何?

赤塚不二夫(あかつか ふじお)のギャグ漫画・「天才バカボン」。「天才バカボン」は、赤塚不二夫の代表作であり、これまで5回にわたってテレビアニメ化され、劇場用(げきじょうよう)アニメやテレビドラマも制作されています。さて、「この天才バカボン」で、はじめちゃんが最初にしゃべった言葉は何でしょうか?竹書房文庫 「天才バカボン」第1巻の「しゃべりハジメなのだ」に、ママがはじめちゃんの子守りを頼んだ隣の奥さんが、...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

「最終回が待ち遠しい!結末が気になる漫画ランキング」ベスト10

「最終回が待ち遠しい!結末が気になる漫画ランキング」ベスト10

好きな漫画を読んでいると、「早く結末を知りたい!」という気持ちと、「終わってほしくない!」という相反する気持ちが起こることがありませんか? 今日は、「最終回が待ち遠どおしい!」と思う、結末が気になる漫画ランキングベスト10のご紹介です。 1位 こちら葛飾区亀有公園前派出所 1位 名探偵コナン 3位...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

「ベルサイユのばら」の舞台となった18世紀のパリは、ウンコだらけだった?

「ベルサイユのばら」の舞台となった18世紀のパリは、ウンコだらけだった?

漫画家、池田理代子(いけだ りよこ、1947年 -)の描いた「ベルサイユのばら(通称ベルばら)」は、オスカル、アンドレといった登場人物が激動の時代に愛を貫く物語として知られ、その舞台となった18世紀のパリは、美しい印象があります。ベルサイユのばら写真は、こちらからお借りしました。しかしながら、18世紀のパリに詳しい福岡大学人文学部の教授はこう語ります。『ベルサイユのばら』の舞台となった18世紀のパリはウンコだらけで...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

オバケのQ太郎には、何故毛が3本しかない?

オバケのQ太郎には、何故毛が3本しかない?

藤子不二雄のギャグ漫画、「オバケのQ太郎」で、主人公のQ太郎には、何故毛が3本しかないのでしょうか?写真は、こちらからお借りしました。実は、「オバケのQ太郎」には、当初毛が10本以上ありました。が、10本以上もの毛をいちいち描くのは手間がかかるということで、次第に減って行き、最終的に「台風Q号」という作品から3本に落ち着きました。写真は、こちらからお借りしました。また、「小学一年生」の懸賞(けんしょう)で、「...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)

アンパンマンの飛行速度は、秒速7.9km?

アンパンマンの飛行速度は、秒速7.9km?

アンパンマンは、劇場版「それいけ!アンパンマン ゴミラの星」で、単体で宇宙へ出ています。そのことを考えると、アンパンマンの飛ぶ速さは「地球上の物質が重力を振り切って宇宙に出るための速度」に達していることになり、そこから秒速7.9km(マッハ23)という数字が仮定として出てきます。とにかく、速い、ということですね。参考にしたサイトアンパンマンの知られざる豆知識・雑学まとめ-NAVER まとめhttp://matome.naver.jp/...

... 続きを読む

* Category : 漫画・アニメ

Comment-open▼ * Comment : (0)