Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

漢字の「鳥」と「烏」の微妙な違いには、実は深い理由があった?

漢字の「鳥」と「烏」の微妙な違いには、実は深い理由があった?

シジュウカラ漢字の「鳥」と「烏(からす)」。上の部分に横線が一本あるかないかの、微妙な違いです。この2つの漢字に、このような微妙な違いが生まれたのは、何故なのでしょうか?漢字の「とりへん」は、もともと尾が長い鳥を横から見た形を表わす象形文字です。この「鳥」の上の部分の横線が取り除かれてできたのが「烏」という漢字なのですが、これには理由があります。まず、以下のイラストをご覧下さい。出典:http://ikaebita...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

関西で、学年の年次を「○回生」と呼ぶのは何故?

関西で、学年の年次を「○回生」と呼ぶのは何故?

京都大学写真は、こちらからお借りしました。関西では、学年の年次を「○回生」と呼ぶのが一般的です。これは、何故なのでしょうか?その起源は、京都大学にありました。1877年(明治10年)創立の東京大学の場合、各学年で履修(りしゅう)するカリキュラムが決まっており、その単位を修得しないと進級できない「学年制」がとられていました。これに対して、京都大学においては、1897年(明治30年)創立の際に、ドイツの大学をモデルにし...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

遠赤外線効果をうたった繊維は、どのように遠赤外線を出す?

遠赤外線効果をうたった繊維は、どのように遠赤外線を出す?

遠赤外線を出すとうたった繊維がありますが、これはどのように遠赤外線を出すのでしょうか?まず、遠赤外線というのは、目に見える光線(可視光線)よりも波長の長い赤外線の一種です。正確にいえば、波長がおよそ3 ~1000μmの電磁波です。写真は、こちらからお借りしました。この遠赤外線は、高分子化合物によく吸収されるため、中から温める効果があります。たとえば、石焼芋はこの効果を応用したものです。「コタツの中はあったか...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「丼(どんぶり)」のルーツは、江戸時代にあった「慳貪屋(けんどんや)」にあった?

「丼(どんぶり)」のルーツは、江戸時代にあった「慳貪屋(けんどんや)」にあった?

天丼、カツ丼、親子丼など、日本ではさまざまなどんぶりものが味わえます。「どんぶり(=丼)」とは、文字通りには茶碗よりも深く、大ぶりで厚みのある陶製(とうせい)の磁器のことです。さて、食べ物の「丼」のルーツですが、これは、江戸時代の初期にあった「慳貪屋(けんどんや)」にありました。慳貪屋というのは、一杯盛り切りの飲食物を出すお店のことです。このお店で使われていた鉢(はち)・「慳貪振り鉢(けんどんぶりばち」が...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

「大統領」は、大工の棟梁のことだった?

「大統領」は、大工の棟梁のことだった?

「大統領は、明日きっとオレに会いに来るニャン」「来ないニャン」「来るニャン」「来ないニャン」、……写真は、こちらからお借りしました。アメリカ合衆国のトップといえば、大統領ですね。この「大統領」という言葉は、英語の「プレジデント(president)」を日本語に訳したものです。プレジデントが大統領と訳されたきっかけは、1853年(嘉永(かえい)6年のペリー来航です。このとき、ペリーはフィルモア大統領(Millard Fillmore、18...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)