Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

放射性物質は、半減期の2倍の時間が経てば0になるわけではない?

放射性物質は、半減期の2倍の時間が経てば0になるわけではない?

放射性物質は、崩壊を繰り返し、最終的に安定した物質へ変化すると放射線を放出しなくなります。その場合、崩壊によって始めの放射性物質の数が半分になるまでの時間を半減期といい、放射能は、時間がたつにつれて弱まっていきます。一般的には、放射性物質の半減期の期間が発表されていますが、半減期とは、このようにその物質から出る放射線量の値が半分になる時間(期間)です。なので、半減期の2倍の時間が経てばその放射線量が0...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ブービー賞は、ビリから2番目を指す言葉ではない?

ブービー賞は、ビリから2番目を指す言葉ではない?

写真は、こちらからお借りしました。ブービーは、もともと競技の最下位を指す言葉でした。が、日本のゴルフコンペの商品はブービー賞も豪華なため、これを狙ってわざと最下位になる者が出てきました。それを防ぐため、最下位から2番目をブービー賞としました。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

将軍様の夜の営みは、奥女中監視のもとに行なわれていた?

将軍様の夜の営みは、奥女中監視のもとに行なわれていた?

江戸城写真は、こちらからお借りしました江戸時代、徳川五代将軍綱吉(つなよし)の時代に、側用人(そばようにん)が自分の愛妾(あいしょう)に将軍様の相手をさせ、その睦言(むつごと)を通じて領地を得ようと企てたことが判明し、監視がつくようになりました。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

トルクメニスタンでは、音楽に合わせて口パクで歌ってはならない?

トルクメニスタンでは、音楽に合わせて口パクで歌ってはならない?

中央アジアのトルクメニスタンでは、2006年までニヤゾフ大統領による独裁政権が続けられ、その思想を反映した法律がいくつか制定されました。そのひとつが、録音された音楽をかけてはいけない、というものです。同時に、録音された音楽に合わせて口パクで歌うこともできなくなりました。トルクメニスタンの伝統の音楽や歌を大事にしたニヤゾフは、録音に頼ることは伝統芸能の発展に悪影響を及ぼすものと考えたのです。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

マレーシアでは、左手で握手をしてはいけない?

マレーシアでは、左手で握手をしてはいけない?

マレーシア 郊外の 街並みイスラム文化圏では、トイレの後、紙ではなく水を使って左手で洗浄するため、「左手は不浄」といわれます。なので、握手のときはもちろんのこと、食事のときや、子供の頭をなでるときも使ってはならいとされています。物を渡す際も同様です。そして、握手をする場合、マレーシアでは他の国のやり方とは異なります。右手で軽く触れたかどうかの軽い握り方の握手をして、その手を自分の左胸(心臓のあたり)...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

衆議院の議席のいすの下には、防災ずきんが用意されている?

衆議院の議席のいすの下には、防災ずきんが用意されている?

衆議院の本会議場の天井には、明かりとりのステンドグラスがはめ込まれています。万一、地震などでステンドガラスが割れて、議場に降りかからないとも限りません。そこで、1986年(昭和61年)に、議席の下に防災ずきんが備えつけられるようになりました。参議院本会議場には、ステンドグラスはないため、防災ずきんは用意されていません。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

和歌山県に、「アメリカ村」と呼ばれる地区がある?

和歌山県に、「アメリカ村」と呼ばれる地区がある?

和歌山県日高郡三浜町(みはまちょう)の三尾(みお)地区は、通称「アメリカ村」呼ばれています。漁業しかなかったこの地区は、明治時代以降に生活が困窮したため、工野儀兵衛(くの ぎへえ 1854-1917)という人物が中心となって、多くの住民がカナダに渡ったという歴史があります。次第にこの地区は「アメリカ村大陸行き」という意味から、「カナダ村」ではなく「アメリカ村」と呼ばれるようになりました。アメリカ村写真は、こちら...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

脱獄した囚人が、裁判官になったことがある?

脱獄した囚人が、裁判官になったことがある?

明治時代の話。脱獄したあとに裁判官に登りつめた人物がいます。その名は、渡辺魁(わたなべ かい)。渡辺魁は、ある商社の資金を着服した疑いで、無期懲役に服していましたが、看守の目を盗んで脱獄に成功します。その後、しばらく潜伏していましたが、辻村庫太と名前を変えて裁判所の職員となり、出世の階段を上っていきます。そして、逮捕から10年後の1890年(明治23年)には、ついに判事に昇任。つまり、裁かれる人間から裁く人間...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)

ロンドンの二階建てバスの秘密とは?

ロンドンの二階建てバスの秘密とは?

イギリスのロンドンで走る名物といえば、いわずと知れた二階建てバス。このバスは、普通のバスに比べて輸送人員2倍のいわばお得なデザインですが、この形になるまでには、それなりに歴史がありました。もともと、バスの原型は乗り合い馬車で、この乗り合い馬車のアイディアを生み、世界初の乗り合い馬車会社を設立したのは、意外にもあのフランスの大科学者であり、有名な哲学者でもあるパスカルでした。やがて、この乗り合い馬車...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

とっておきの手段という意味の「奥の手」とは、実は左手のこと?

とっておきの手段という意味の「奥の手」とは、実は左手のこと?

人は、めったに見せない極意やとっておきの手段は、「ここぞ!」というとき以外は使わないものです。古来、日本では右より左の方が尊いと考える思想がありました。これが左手と結びつき、この普段は使わない手段を、「奥の手」と表現するようになりました。また、他の説としては、「奥」とは、ものの最後を意味する言葉で、この「奥」と「うまい手」というように手段を意味する「手」を合わせて、「最後に出すうまい手段」の意味で...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

飛行機は全面禁煙だが、灰皿がないと離陸できない?

飛行機は全面禁煙だが、灰皿がないと離陸できない?

飛行機の出火場所で多いのは、エンジンや燃料タンクではなくトイレです。どうしても我慢できない愛煙家が、こっそりトイレで喫煙し、ポイ捨てするのを防ぐため、飛行機のトイレには灰皿の設置が義務づけられています。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

水を細くしても飛び散らないのは何故?-水道の蛇口の内側の秘密

水を細くしても飛び散らないのは何故?-水道の蛇口の内側の秘密

水道の蛇口をひねり、水をある程度出しておいてから、ホースの先端を指先などで「ギュッ!」と細くしてやると、水は「シャーッ!」と勢い良く飛び散ります。そこで、さらに蛇口をひねり、水量を増やしてから同じことをすると、水の飛散(ひさん)はさらに増します。「あれっ?」 この一見当たり前に見える現象ですが、考えてみると、何か変ではありませんか?「そういわれてみれば、何か不思議な気もする」改めて問われて、このよう...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

インドネシアとモナコは、国旗のデザインが同じ?

インドネシアとモナコは、国旗のデザインが同じ?

インドネシアとモナコは、地域も言語も宗教もまったく異なる国ですが、両国の国旗は上半分を赤、下半分を白としたシンプルなデザインです。それらの違いは、国旗の縦横比のみで、モナコは4対5、インドネシアは2対3となっています。インドネシアの国旗モナコの国旗写真は、こちらからお借りしました。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「何人たりとも死んではならない」という法律が、ブラジルにある?

「何人たりとも死んではならない」という法律が、ブラジルにある?

ブラジルには、「何人たりとも死んではならない」という法律があります。キリスト教国のブラジルでは、遺体は火葬ではなく土葬されます。そのため、墓地にもそれなりのスペースが必要で、墓地が不足するようになりました。そこで、対策としてこの法律がつくられました。...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

カーディガンは、戦争から生まれた?

カーディガンは、戦争から生まれた?

子供の頃、看護婦(看護師)さんや、担任の女性の先生が軽くはおっていたカーディガン。その姿が、淡い思い出となって残っていたりするものです。前あきの薄手のセーターで、ちょっと寒いときや、脱いでも邪魔にならない機能的なデザインで、愛用者も多いです。ところがこのカーディガン、実は戦場で生まれたものです。包帯だらけの負傷兵が、楽に着たり脱いだりできるように考えられたものなのです。考案者は、イギリスの陸軍軽騎兵...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)