Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

摂氏1000度はどうやって計る?

摂氏1000度はどうやって計る?

体温を計るなら体温計、お風呂のお湯の温度を計るなら湯温計というように、ものの温度を計るにはそれに適した温度計があります。しかし、数100度、或いは1000度を越える、ガラスや鉄も溶けてしまうような高温は、普通の温度計を使うわけにはいきません。そこで、現在使用されているのが「高温計」と呼ばれる特殊な温度計です。高温計にも何種類かありますが、そのひとつは金属の電気抵抗が温度にともなって変化する現象を利用した...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

人間の体の中にも真珠ができる?

人間の体の中にも真珠ができる?

真珠は、アコヤ貝から取れることはご存知かと思いますが、なんと人間の体の中にも真珠と同じようなものができるのです。とは言っても、宝石ができるわけではもちろんなく、人間の体の中にできるものとは、つまり腎臓などにできる結石のことです。真珠と結石ではだいぶ違うように思われるかも知れませんが、体内で結石ができるメカニズムはよく似ています。真珠の場合は、貝の内部にたまったカルシウムが化学変化を起こして炭酸カル...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

スタミナドリンクのビンの色は、何故茶色?

スタミナドリンクのビンの色は、何故茶色?

飲みすぎや二日酔いの朝に、何となく力の出ない昼に、またもう頑張り必要な夜などに、つい手が伸びてしまうスタミナドリンク。このスタミナドリンクのビンの色は、何故茶色なのでしょうか?いわゆるスタミナドリンクには、医薬品として薬局にあるものと、清涼飲料水としてスーパーや駅などの売店にあるものとの2種類があります。医薬品のものには、すべて茶色のビンが使われています。それには、3つの理由があります。ひとつ目は、...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

中国では、秀才になるためにクルミを食べた?

中国では、秀才になるためにクルミを食べた?

日本でも最近、食生活の中に健脳食(けんのうしょく)を積極的に取り入れようという動きが出てきています。健脳食というのは、その名の通り、脳の健康に役立つ食事のことですね。健脳食の栄養成分のうち、特に大切なのがカルシウム、ビタミンC、タンパク質、脂質の4大栄養素。これらをバランスよく摂ることが、頭を良くするというわけです。このことは、昔の人も良く知っていました。中国では、隋・唐の時代から、管理になるためには...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ミツバチは、天体観測をしている?

ミツバチは、天体観測をしている?

動物たちが、帰巣(きそう)や回遊のための針路をどうやって決めているかは、昔から大きな謎とされていました。が、次第に彼らのコンパスは解明されつつあります。その有力な手段は、太陽や星の位置、その運行の軌跡を読み取る天体観測をしているだろうというのです。動物たちには体内時計があって、それで時刻を知り、さらに太陽の位置などから方位を割り出しているといわれています。例えば、ミツバチは蜜を求めて数キロ先まで飛び...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

ウルトラマンよりも早く地球にやってきたヒーローがいた?

ウルトラマンよりも早く地球にやってきたヒーローがいた?

我が国のSFヒーロードラマといえば、昭和41年の「ウルトラマン」から始まったと考えられがちですが、実はそれより10年も早く、地球に来て悪と戦っていた正義の宇宙人たちがいました。その一番手は「遊星王子」。正義の味方の元祖である「月光仮面」を世に送り出した宣弘社の制作で、昭和33年11月から約1年間にわたり、日本テレビ系で放送されました。が、「江戸時代に、木曾の山奥に不時着したUFOの中で人口冬眠していた異星人が、...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「ほくそ笑む」の語源は?

「ほくそ笑む」の語源は?

物事がうまく行ったときなど、ひそかに笑うことを「ほくそ笑む」といいますが、この「ほくそ」は、一体どこから来た言葉なのでしょうか?この「ほくそ」は、古代中国にいた「北叟(ほくそう)」というひとりの男の名前から来ています。北叟とは、故事「人間万事塞翁(さいおう)が馬」の塞翁のことで、万事、控え目がいいと説いた人物で、喜びも憂いも常に控えめに、少し笑ったといわれています。そこから、ひそかに笑う事を「北叟(ほ...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

時代劇の「打ち首獄門」「終生遠島」は大嘘?

時代劇の「打ち首獄門」「終生遠島」は大嘘?

ワンパターン、マンネリなどといわれながら、テレビの時代劇は衰えるところを知りません。善と悪がくっきりと色分けされ、最後には必ず正義が勝つという単純明快さが、複雑で理不尽な社会で生活する私たちのストレス解消法になるからなのでしょうか。さて、このテレビ時代劇ですが、歴史に照らして見ればおかしなところの連続です。例えば、奉行所のお裁きの場面で、大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)や遠山の金さんが、「市中引...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

アイスクリームは、英国上流階級の嗜好品だった?

アイスクリームは、英国上流階級の嗜好品だった?

アイスクリームというと、子供と若い女性が食べるというイメージが強いですが、元はと言えば、イギリスの上流階級の間で大変人気があったようです。アイスクリームの起源は、はっきりとしたことは分かっていませんが、イギリスが発祥の地であるというのが定説になっているようです。1686年の王室賄(まかな)い方出納簿に、ハウンスロー・ヒースで野営中のジェームズ2世と士官たちに、1人前1ポンドのアイスクリームを供された、と書...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)