Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

皆さん、こんにちは。「Super源さんの雑学事典」へようこそいらっしゃいました。
このサイトでは、TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、ちょっとした雑学・トリビアやお役立ち情報、珍事件簿などを分かりやすく綴っていきます。
また、無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。
面白情報をたくさん取り揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

辞書にも載っている「ウザイガキ」とは?-仏教語で「亡者」を意味する言葉

辞書にも載っている「ウザイガキ」とは?-仏教語で「亡者」を意味する言葉

「ウザイガキ」と聞くと、若者言葉を連想するかも知れません。ズバリ、「うっとうしいガキ」ですね。しかしながら、この言葉には、実はきちんとした意味があります。この「ウザイガキ」を漢字で書くと、「有財餓鬼」です。まず、「餓鬼」とは、仏教の言葉で、生前の悪行のために、六道(りくどう)のひとつである餓鬼界(がきかい)に落ち、常に飢えと渇(かわ)きに苦しんでいる亡者(もうじゃ)のことをいいます。そして、「有財餓鬼」と...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

「立つ鳥跡を濁さず」は本当?-実際には飛び立つ前にフンをしていた!

「立つ鳥跡を濁さず」は本当?-実際には飛び立つ前にフンをしていた!

後始末は見苦しくないようにきちんとせよ、という意味のことわざに、「立つ鳥跡を濁さず(たつとりあとをにごさず)」というのがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?まず、ここでいう鳥というのは、「水鳥(みずどり)」のことです。そして、「立つ鳥」というのは、「飛び立つ鳥」を意味します。「水鳥」には、季節の変化に合わせて、居住地を転々とする習性がありますが、この水鳥が飛び立った後の池や湖は、塵(ちり)ひと...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

日本で最初に「トンカツとキャベツ」の組み合わせを考案したのはどこの店?

日本で最初に「トンカツとキャベツ」の組み合わせを考案したのはどこの店?

日本で最初にトンカツを出したのは、銀座にある老舗(しにせ)洋食店「煉瓦亭(れんがてい)」というお店です。これは、「子牛のコートレット」をアレンジして生まれた「ポークカツレツ」がその原型で、1899年(明治32年)のことだといいます。そして、「トンカツとキャベツ」の組み合わせを考案したのも、同店です。しかしながら、当時の日本においては、まだ生野菜を食べる習慣がなかったため、当初は温野菜(おんやさい)が添えられてい...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

なんと、日本の年金制度は27ヶ国中26位だった?

なんと、日本の年金制度は27ヶ国中26位だった?

いくらもらえる?2015年度時点で、65歳以上の元会社員が支給(しきゅう)されている老齢厚生年金(ろうれいこうせいねんきん)の月平均額は、男性が17万8928円、女性が10万9180円です。夫婦ともに元会社員ならば、月額29万ほどになります。一方、元自営業者・専業主婦などが支給されている老齢国民年金(ろうれいこくみんねんきん)は、月額平均5万927円で、夫婦ともに自営業だった場合、月10万円ほどしか受け取れません。日本の年金制度...

... 続きを読む

* Category : バラエティー

Comment-open▼ * Comment : (0)

「色鉛筆」が削った状態で売られているのは何故?-その意外な理由

「色鉛筆」が削った状態で売られているのは何故?-その意外な理由

「鉛筆」と「色鉛筆」。この2つは、どちらも同じ鉛筆という名前がついてはいますが、芯(しん)を包んでいる部分の形や、芯を構成(こうせい)する成分など、いろいろな点で違いがあります。具体的には、普通の鉛筆は上から見ると六角形ですが、色鉛筆の方は丸い形をしています。また、鉛筆の芯は、黒鉛(こくえん)と粘土の粉末混合物(ふんまつ こんごうぶつ)を焼いたものですが、色鉛筆の芯の方は、蝋(ろう)と粘土と白堊(はくあ)などに...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)