Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

皆さん、こんにちは。「Super源さんの雑学事典」へようこそいらっしゃいました。
このサイトでは、TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、ちょっとした雑学・トリビアやお役立ち情報、珍事件簿などを分かりやすく綴っていきます。
また、無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。
面白情報をたくさん取り揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

紅茶にレモンを入れると色が薄くなるのは何故?-色が薄まるメカニズム

紅茶にレモンを入れると色が薄くなるのは何故?-色が薄まるメカニズム

紅茶と緑茶。これら2つの葉っぱは、それぞれ赤と緑と、色がまったく違いますが、実はどちらも同じお茶の葉からつくられています。では、何故こんなに色が違うのかといえば、その理由は製法の違いにあります。紅茶にレモンを入れると色が薄くなるのは何故?紅茶の葉が赤っぽいのは、お茶の葉を発酵(はっこう)させる過程で、葉に含まれるカテキンが酸化して生じるテアフラビン(Theaflavin)という物質が原因です。そして、このテ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

金閣寺と双璧!?-足利義政が建造した銀閣寺の謎

金閣寺と双璧!?-足利義政が建造した銀閣寺の謎

写真はこちらからお借りしました。室町幕府8代将軍足利義政(あしかがよしまさ)が建造したと伝えられる、京都府京都市左京区にある「銀閣寺」。このお寺の正式名称は東山慈照寺(じしょうじ)で、臨済宗相国寺派(りんざいしゅうしょうこくじは)の大本山相国寺の塔頭寺院(たっちゅうじいん)です。慈照寺の始まりは?慈照寺は、1482(文明14)年に、応仁の乱(おうにんのらん)で焼けた浄土寺の跡地に、西芳寺(さいほうじ)を...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

宝石の「カラット」と金の「カラット」はまったくの別物だった?-重さの単位と純度を表わす単位

宝石の「カラット」と金の「カラット」はまったくの別物だった?-重さの単位と純度を表わす単位

同じ「カラット」という言葉を使っていますが、宝石のカラットと金のカラットは、実はまったく違う単位であることをご存じですか?宝石のカラットは重さの単位宝石のカラット(carat)は、重さ(質量)の単位で、1カラットは約0.2グラム。単位記号はctで表わされます。一般的には、数値が上がるほど価値の高い宝石だと考えられています。また、ダイヤモンドの品質を表わす単位として認識されていますが、実際には、ダイヤモンドだけ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (2)

無題 * by せい
こんばんは~

当ブログに訪問して頂き、
又コメントも残して頂きまして
有難うございます~

雑学学ばせて頂きますね!
応援もポチっとしていきます~

Re:無題 * by Super源さん
せいさん、こんにちは。v-290
こちらこそ、ご訪問とコメント、ありがとうございます。
そして応援まで。v-411ウレシー。

はい。 v-290このブログは、現在記事数が約1600あります。
良かったら、ご活用下さいね。
最近は、ネタ切れなこともあり更新が滞り気味ですが…。v-393

ありがとうございます。
私もまた、お邪魔させていただきます。v-530

日本で50ヘルツと60ヘルツがあるのは何故?-東日本と西日本で2つの違う周波数に分かれた理由

日本で50ヘルツと60ヘルツがあるのは何故?-東日本と西日本で2つの違う周波数に分かれた理由

私たちが普段当たり前のように使っている交流100ボルト。この交流には周波数があり、東日本が50ヘルツ、西日本が60ヘルツとなっています。同じ日本なのに、東と西でこのように違う周波数になっているのは何故なのでしょうか?東日本と西日本で電気の周波数が異なるのは何故?東日本と西日本では、電気の周波数が異なります。静岡県の富士川と新潟県(にいがたけん)の糸魚川(いといがわ)あたりを境として、東側は50ヘルツ、西側...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

「ライバル」は、そもそもお互いを高めあう存在ではない?-ライバルの語源

「ライバル」は、そもそもお互いを高めあう存在ではない?-ライバルの語源

「良きライバル」という言葉があります。日本では、「ライバル」という言葉は、敵同士でありながら、お互いを高めあう存在という意味で使われています。ライバルは、良き友人である可能性もあるわけです。しかしながら、英語のライバルには、実はそのような意味はまったくありません。英語の「ライバル」は「対抗者」といった意味のみ「ボクたちは、良くも悪くもライバルだニャン」「それ、どういう意味だワン」写真はこちらからお...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)
皆さん、こんにちは。「Super源さんの雑学事典」へようこそいらっしゃいました。
このサイトでは、TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、ちょっとした雑学・トリビアやお役立ち情報、珍事件簿などを分かりやすく綴っていきます。
また、無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。
面白情報をたくさん取り揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。