Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ワインの瓶が上げ底になっているのは何故? - 酒の量を水増しするためではなかった

ワインの瓶が上げ底になっているのは何故? - 酒の量を水増しするためではなかった

ワインやブランデー、ベルモットの瓶(びん)は、普通上げ底になっています。これは、一体何故なのでしょうか?ワインの瓶が上げ底になっているのは何故?これらの洋酒の共通点は、原料がブドウ糖であることです。ワインは、早い話が葡萄酒(ぶどうしゅ)で、ブランデーは葡萄酒を蒸留(じょうりゅう)し、樫樽(かしだる)に永年貯蔵して熟成させたものです。そしてベルモットは、葡萄酒ににがよもぎを主成分としたさまざまな草根...

... 続きを読む

* Category : バラエティー

Comment-open▼ * Comment : (0)

えっ? コオロギの鳴き声で気温が分かる!? - コオロギ温度計の測り方と測れる理由

えっ? コオロギの鳴き声で気温が分かる!? - コオロギ温度計の測り方と測れる理由

暑い夏が終わり、そよ吹く風の涼しさに秋の気配が感じられる頃になると、スズムシやコオロギの季節がやってきます。 スズムシやコオロギは、「秋の風物詩」のひとつですが、コオロギに関しては、実はそれだけではありません。 なんと、鳴き声で現在の気温を知ることができるのです! 今日は、そのやり方と、何故これで気温が測れるのか、その理由も書いてみたいと思います。 コオロギの鳴き声で気温を測る方法は? それでは...

... 続きを読む

* Category : バラエティー

Comment-open▼ * Comment : (0)

慶応大学のシンボルマークが「ペン」なのは、福沢諭吉が辞書を入手できなかったためだった!?

慶応大学のシンボルマークが「ペン」なのは、福沢諭吉が辞書を入手できなかったためだった!?

写真はこちらからお借りしました。「ペンは剣よりも強し」武力から言論へという進歩を象徴するこの言葉が、慶応大学のマークの由来だと思っている方が多いのではないでしょうか?しかし実際には、このマークは慶応大学の創立者福沢諭吉(ふくざわゆきち、1835年(天保5年) - 1901年(明治34年))が、オランダ語の辞書を入手できなかったことが遠因(えんいん)となっています。慶応大学のシンボルマークが生まれた背景当時、福沢...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

甲子園球場「アルプススタンド」の名づけ親は、岡村太郎の父・岡本一平だった!?

甲子園球場「アルプススタンド」の名づけ親は、岡村太郎の父・岡本一平だった!?

甲子園球場には、「アルプススタンド」と呼ばれる観客席があります。 これは、内野スタンドと外野スタンドの間に位置する席で、増え続ける観客を収容するために、1929年(昭和4年)に増設(ぞうせつ)された席です。 この席の名付け親は、一体誰なのでしょうか? アルプススタンドの名付け親は誰? 応援する人たちの白いシャツで埋め尽くされた光景からアルプスの雪山を連想し、この席を「アルプススタンド」と名付けたのは...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (2)

こんにちは! * by むく
いつも話題が楽しいですね^^
一関学院が勝ってよかったです♪
横浜は9日ですね。

Re:こんにちは! * by Super源さん
むくさん、こんばんは。v-410
ご訪問、及びコメントありがとうございます。
いつもこのブログで楽しんでいただけてるようで、うれしいです。

おお!(゚o゚) むくさんは岩手の方ですか。
一関学院、確か20年ぶりの初戦突破でしたね。
おめでとうございます!(^O^)/

そうですね。横浜も是非頑張って欲しいです。v-522

ラグビーとサッカーはもともと同じ競技だった? - 2つに分かれた理由

ラグビーとサッカーはもともと同じ競技だった? - 2つに分かれた理由

ラグビーは、イギリスのラグビー高校の生徒が、フットボール(サッカー)の試合中にボールを手に抱えて相手陣地に走り込むという反則から生まれたといいます。が、これは後でつくられた話のようです。ラグビーとサッカーは、もともと同じ競技だった フットボールは、19世紀初頭にはまだルールが決まっていませんでしたが、ボールを手で扱うことは認められていました。そしてこの行為は、1845年(弘化2年)に高校ラグビーのルールと...

... 続きを読む

* Category : バラエティー

Comment-open▼ * Comment : (0)