ツルは、何故一本足で立つ?
ツル

凍てついた冬の水辺で、立ったまま寝ているツル。
日本の題材によく選ばれる構図ですが、とても人間には真似のできないポーズです。

目を閉じて一本足で立つといえば、平衡感覚のテストでありますが、人間の場合、わずか数十秒くらいでぐらついてきます。
たとえツルであっても、2本足のほうが、安定性が高いであろうにと、誰しも考えることでしょう。

が、ツルが立っている環境を考えてみましょう。ものみな凍てつく極寒地なのです。
背中に首をうずめ、足も1本を中に折って、全身をなるべく羽毛の塊と化して、体温が奪われるのを最小限にしているのです。

くわえて、体を支えている足のつけ根には、一種の熱交換装置があり、足先で冷やされた静脈血は、体内から送られてきた動脈血の熱を奪い、暖かい状態で体内に流れ込みます。
動脈血の方は、反対に冷たくなって足先に向かうので、足先がシモヤケになったり、また足元の氷が解けて穴が開いたりするようなこともありません。

ツルの、この環境適応のメカニズムの巧みさは、感動的といえるほどです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
太宰治は、芥川賞を選考委員に懇願していた?
宇宙に行くと、身長が伸びる?
東京の銭湯は、明治18年まで混浴だった?
韓国の苗字は、いくつある?
ブービー賞は、ビリから2番目を指す言葉ではない?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)