OLへの叱言にはご用心?
いたずら電話

イタズラ電話というものは、かける方にしてみればそれなりの理由があるのかも知れませんが、普通の人から見れば理解しがたいものがほとんど。
この事件も、そんなひとつです。

埼玉県浦和市のとある会社に、無言電話がかかるようになりました。
多いときには1日200回くらい、出てもすぐに切れてしまうことが多く、つながっていても一言も声を発しません。
それも、会社の代表番号にかかってくるので、出ないわけにはいかず、交換手は疲れ果ててしまいました。

警察が、欠勤・退職者をリストアップしたところ、その中に、無言電話がはじまる1週間前に退職したA子(34歳)がいました。
彼女は、同社に1ヶ月ほどしか勤めておらず、急に来なくなったことから怪しいということで、警察は同社社員に聞き込み調査を行ないましたが、社員の誰も憎まれるようなことはしていないと断言するのでした。

その後A子は、電話ボックスで無言電話の現場を取り押さえられ、犯行の動機を白状しました。なんでも、

「上司に口うるさく注意され、仕事ができないとバカにされた」

そうなのですが、どうも「順序が違う」「もっとてきぱきやってくれ」、といわれたことを、すべてそのように受け取ってしまう性格らしいのです。

OLに注意するときは、細心の注意をするのが賢明かも?!
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
貴婦人のハートをつかんだ怪盗ナイト?
成功率100%、これぞ新種の座席取り法?
「コインの表が出たから、君は死刑じゃ!」
オーストラリアの銀行が、ネコにクレジットカードを発行?
哲学者になれなかった泥棒?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告