バスケットの中身で決まった判決?
レトロな 裁判所

ヨーロッパの中世から近世にかけては、”暗黒の時代”でした。
拷問にモノをいわせた自白、魔女裁判、裁判官の横暴と、庶民には多難の時代でした。

そんな、ジェームス1世時代のロンドンには、「バスケット判事」なる治安判事がいました。
庁舎に連れてこられた被告と原告の手元に、それぞれふたの開いたバスケットを置いたからです。

バスケットの中に入れるのは、もちろん判事への心づけ。
原告が勝つも被告が勝つも、また有罪になった場合の罰の軽重も、すべてはこれら2つのバスケットの中身次第なのでした。

世間に糾弾(きゅうだん)されることもなく、バスケット判事はいよいよ定着し、17世紀半ば頃には、イギリス全土に判事の収賄(しゅうわい)が黙認されました。

そして、その頃になると、”取引判事”という呼び名で、イギリス中に名称が定着したそうです。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
石につまずいて、宝物を発見?
現金40億円を盗んだ、あっぱれな強盗?
新婚生活をフイにしちゃった空き巣?
男がナンバープレートを盗んだしょーもない理由とは?-縁起かつぎもほどほどに
牛は6人では運べない?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告