トビの、羽ばたかずに飛べるカタチとは?
トビ

トビは、ソアリングという上昇気流などの気流を利用して、羽ばたかずに空を飛びます。

一方、羽ばたかない飛び方に、グラインディングというのがありますが、これは羽ばたいて勢いをつけて飛ぶという点で、ソアリングとは異なっています。

上昇気流といっても、常に上へ上へと風が吹いているわけではありません。
上昇しているのは上昇気泡と呼ばれる、暖かい空気の塊で、トビはこの塊の中を飛びます。

このとき、直線上に飛んだのでは、すぐに気泡から飛び出てしまうので、気泡の縁に添って、輪を描いて飛ぶのが一番効果的です。

トビの群れを見ると、同じ輪の上を飛んでいるのが分かるでしょう。

が、そもそも何故このような飛び方をするのでしょうか。
それは、生きている獲物を狙う鳥は、広い範囲を常に探していなければならないからです。
そのために、羽ばたかずに、エネルギーを効率よく使っているというわけです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
血液型で、ハゲ方に差が出るって本当?
日本で最初に発売された缶ジュースは?
森林浴は、どんな病気に効く?
日本の苗字ベスト10は?
えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変える?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告