クリームパンがグローブ形をしているのは何故?
クリームパン

明治生まれの菓子パン御三家といえば、あんパン、ジャムパン、クリームパンです。
いずれも、当時の先端をいくトレンディーフードでした。

ちなみに、チョコレートパンは、ちょっと遅れて昭和の生まれです。

そんな中で、あんパンが丸いのは、まんじゅうとパンがドッキングして生まれたと考えれば分かりやすいのですが、それでは、クリームパンがグローブの形をしているのは何故なのでしょうか?

クリームパンは、中村屋の創業者である相馬愛蔵(そうま あいぞう)が1904年にシュークリームからヒントを得て作ったのが最初とされています。
初めは、ジャムパンと同じ形をしていたのですが、当時はパンが個別包装されていなかったため、同じ形では非常に紛らわしい。何しろ、中を開けてみるということができません。

そこで、他のパンと区別し、間違えないように切込みを入れて焼くようになったのが1955年頃で、やがて月日が経つうちに形が丸みを帯び、あのユーモラスなグローブ型になったというわけです。

今では、クリームパンといえばグローブ型を思い浮かべてしまうほど、しっかり定着しました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「無鉄砲」という言葉は、鉄砲とはまったく関係がない?
百円ライターを真ん中で仕切っている壁は何?
えっ! 顔を赤く塗るのが化粧のルーツだった?
くしゃみの飛び出す速度は?
鳥は、何故V字型の編隊をつくる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告