水洗トイレの考案者は、イギリスの詩人?
日本では、ほとんどの家のトイレが水洗式になっていますが、この水洗トイレを最初に考案したのは、なんとイギリスの詩人でした。

1585年、イギリスエリザベス朝の詩人サー・ジョン・ハリントン(Sir John Harrington)は、著書「アイアスの変身」の中で、水洗トイレの発明について詳細に述べています。

水洗トイレ 元祖
写真は、こちらからお借りしました。

ハリントンは、自分の考案した推薦トイレを職人につくらせ、まず自分の邸宅に設置しました。
このトイレは、魚の泳いでいる水槽から水を貯水容器に引いた後、便座のハンドルを引っ張ってバルブを開くと、水が下の汚水溜めに流れ落ちるという仕組みになっているもので、これは現代の水洗式トイレと比べても、何ら遜色(そんしょく)のないものでした。

ハリントンの設計で、実際に作られた水洗トイレは、彼自身のものと、もうひとつはエリザベス女王の命令でリッチモンド宮殿に設置したふたつだけでした。

ハリントンの水洗トイレの発明は、彼の並み外れた清潔好きからきているようです。

当時の宮廷人たちは、入浴はめったにせず、衛生に非常に気をつかったといわれるエリザベス女王でさえ、月に1度しか入浴をしなかったといわれています。
が、ハリントンの方は、毎日お風呂に入っていたというのです。

お風呂に毎日入るということは、今から考えると当然のことのようですが、当時としては、清潔好きどころか、それを通り越して病的だとも思われたようです。
清潔好きのハリントンには、トイレに入ったあと、汚物がそのまま残っていることは耐えられなかったのでしょう。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ネクタイの先が、剣型にとがっているのは何故?
貧乏ゆすりは、不満や不安の表われ?
イチジクは、漢字で書くと「無花果」だが、実は白い花が咲く?
悲しいときには、悲しい曲を聴いた方がいい?
オリンピックのメダリストで、最初にメダルを噛んだのは誰?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告