ワサビも、おろし金の形次第?
寿司 わさび

ワサビは、寿司や刺身になくてはならないもの。
ワサビをつけすぎて、涙が流れてくることもありますが、実は、あの独特の味と刺激は、単なる調味料の域を超え、魚肉の中に含まれる細菌をもっているのです。
生魚を食する私たち日本人にとっては、実にありがたい調味料といえるでしょう。

この減菌作用は、根茎の細胞に含まれるシニグリンという配糖体のおかげです。
ワサビをすりおろすと、シニグリンがミロシナーゼという酵素によって加水分解され、あの辛みが出てきます。つまり、ワサビは生のものをおろすのがベストというわけです。

そのため、おろし金が問題となってきます。
あのツンとくる刺激、辛みの成分は、ワサビをより細かくすりおろすことで、より多く得られます。
ということは、目の細かいおしろ金が必要ということ。
特に、ワサビ用のものは、形自体が小さくなっています。

このように、たとえおろし金ひとつでさえ、ワサビ用にこだわるのが粋というものかも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
コピー機は、静電気で動いていた?
バスの定期券は何故割高?
飛行機の「出発時刻」はいつ?
カーディガンは、戦争から生まれた?
「結婚詐欺」と「詐欺による結婚」は、どこが違う?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告