相撲の土俵のサイズは、どのように決まった?
土俵

日本の国技である相撲。この歴史は古く、「日本書紀」に記されている野見宿禰(のみのすくね)と當麻蹶速(たいまのけはや)の決闘がその起源といわれているほどです。

さて、この相撲において正式に土俵が登場したのは、江戸時代中期の元禄時代です。
これ以前にはまだ土俵というものはなく、他の力士や見物衆が直径4~5間の人の輪をつくり、その中で相撲がとられていました。

しかしながら、土俵が登場したての頃は、まだそのサイズが正式には決められていませんでした。
正式に決められたのは江戸時代の後期になってからのことで、ようやく直径13尺と決められ、日本全国で統一されました。

このサイズは、近代に入ってからも変わることはありませんでしたが、その後時を経るにつれて力士が大型化の傾向をたどると、これでは狭いと感じられるようになってきました。

そこで、昭和6年の夏場所から、その直径が2尺広い15尺に変更されました。
歴史と伝統をもつ国技といえども、土俵のサイズは柔軟に決まったわけです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
弱者か強者かは、目の位置で分かる?
なんと、「酵素洗剤」は1000年前からあった?
「成人の日」とは?
ファックスは、何故電話回線で送れる?
畳の敷き方にも、理由がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告