復讐は、忘れた頃にやって来る?
歯科医 歯医者

男性にとって、お医者さんが美人なら、病院通いも苦にならないものです。
がしかし、かつてイギリスで、そうそう喜んでばかりもいられないという事件がありました。

ある日、ロンドンで歯科医をしているジェニー・ブルックス女史は、患者として訪れたひとりの男性の顔を見て、ピンときました。
そして、今こそその時だわと、実行の決意をしました。

彼女は、心の中を悟られないようにニコニコしながら、「麻酔をかけますから」と言ったあと、すかさずペンチで男の歯を引っこ抜いたのです。

続いて上がる、「ギャーッ!」という悲鳴。

そうです。ジェニーは、麻酔をかけなかったのです。

その理由は、約10年前に遡(さかのぼ)ります。
当時、まだ貧乏な医大生だったジェニーが車を運転していた時に、他の車と衝突します。
が、相手は車から降りずそのまま逃げてしまったため、彼女は多額の修理費を払わなければなりませんでした。
そして、その逃げた男というのが、この日の患者だったというわけです。

診察室に入れば、患者はまな板の上の鯉。

ひょっとしたら、医者はマスクで顔を隠して、復讐の相手が来るのを待っているのかも知れません?!
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
盗んでも罪に問われない方法があった?-顔を見られたと思った泥棒が案じた一計とは
現金書留封筒強奪事件発生?
成功率100%、これぞ新種の座席取り法?
芸は身を助く?-口からダイヤを出した泥棒
バスケットの中身で決まった判決?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告