シコ踏みに隠された、もうひとつの意味とは?
相撲 シコ踏み
相撲で、シコを踏むのは、足腰を鍛えることのほかに、実はもうひとつの意味があります。
これは、神へメッセージを送るための仕種なのです。

古代では、生命力を与えてくれる神は、地下にいると信じられていました。
もっともこれは、農耕民族独特の思想です。

生活の源である作物の採れる大地に、神がいると信じてもおかしくはありません。
そして、その神の力を、もっとたくさん受けられることを願って、足でドンドンと大地を踏み鳴らす、魂振(たまふ)という呪(まじな)いが行なわれていたのです。

祭りのときに、神輿(みこし)をかついで大地を揺さぶったり、古代では戦場に赴く前に足踏みをして気勢をあげたりしましたが、これらはすべてこの魂振の呪いからきています。

そしてこれが、相撲のシコとして現代にも受け継がれているというわけです。

相撲は、日本の国技。
さすが、奥が深いですね。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
カブトムシとアリは、どちらが力持ち?
排水パイプは、何故曲がっている?
セーラー服の襟は、何のためにある?
「出稽古」とは?
卵の殻が、ケガの治療には一番?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告